【冬場に悪化しやすい!? 足裏の乾燥トラブル】正しい対処法について

【冬場に悪化しやすい!? 足裏の乾燥トラブル】正しい対処法について

全身の体重を支えている足元はつねに重圧にさらされている分、ケアを怠ってしまうと魚の目やタコなどのトラブルが起こりやすいデリケートなパーツと言われています。中でも冬場は「足裏の乾燥」に悩まされる女性が非常に多いのではないでしょうか?

【足裏の乾燥トラブル】正しい対処法について 〜角質ケア編〜

足裏の皮膚が硬く、白っぽくなった経験はありませんか?これは古くなった皮膚細胞の塊でいわゆる”角質”と呼ばれているものです。足裏の中でも重圧がかかりやすい足指の付け根〜かかとなどが特に厚くなりやすいです。放置してしまうとひび割れなどを起こしてしまう可能性がありますので、定期的にケアを行い美しい足裏をキープしていきましょう!

<角質ケアのやり方について>
1. 40度前後のお湯をバケツ一杯分用意します。
2. 1に両足を入れ、15分ほどしっかり温めていきます(お湯の温度が冷めてきたら追加で熱めのお湯を足していきましょう)。
3. 足裏が柔らかくなっていることを確認したら、「土踏まず」→「親指側の側面」→「小指側の側面」→「かかと」→「土踏まずより上の部分」→「足指」の順番にてペーパーやすりで優しく丁寧に削っていきます。

【POINT】
うまく角質がとれない場合は、お酢1:お湯3の割合でお酢を混ぜてあげると良いそう。お酢にはピーリング作用〜消臭効果に期待できるので足裏ケアには最適なアイテムと言われています。

【足裏の乾燥トラブル】正しい対処法について 〜保湿ケア編〜

続いて高い保湿効果に期待できる足裏パックのやり方についてチェックしていきたいと思います。実践するタイミングとしては就寝前がおすすめです。

<足裏パックのやり方>
1. 角質ケアを実践後、お手持ちのハンドクリームや足用クリームをたっぷり塗ります。
2. 足裏〜甲にかけてラップを巻き、そのまま10分間置きましょう。
3. ラップを外し、ティッシュでクリームを軽くオフしたら木綿系の靴下を履いて保湿します。

【POINT】
足裏のひび割れがひどい場合は、尿素入りクリームを使用すると良いそう。尿素には角質を柔らかくする作用があるほか、こまめに塗り続けることで皮膚の水分量を増やす効果に期待できます。

いかがでしたか?足裏の乾燥トラブルに悩まされている方は是非参考にしてみてくださいね。

関連記事