食べ過ぎてしまったときは…48時間以内が勝負!簡単リセット術

食べ過ぎてしまったときは…48時間以内が勝負!簡単リセット術

忘年会に新年会、お正月などでつい食べ過ぎてしまった年末年始。寒い冬は運動するのも億劫になり、食べ過ぎていると太ってしまいやすいですよね。でも大丈夫。食べ過ぎても48時間以内に身体の中をリセットすることができるのです。

食べ過ぎてもすぐには脂肪にならないって本当?

年末年始のイベントなどでうっかり食べ過ぎてしまった方も多いのでは?食べているときは幸福感に包まれていても、食べ過ぎたあとは罪悪感でいっぱいになってしまうこともありますよね。

食べ過ぎてしまってもすぐに脂肪になるわけではなく、48時間の間に余分なエネルギーが肝臓に運ばれて不要になったタンパク質は尿になり排出されると言われています。そのため、食べ過ぎても48時間以内にリセットしてあげることで脂肪に変わるのを防ぐことができるというわけなのです。

48時間以内で食べ過ぎた分をリセットする方法とは?

食べ過ぎた翌日はもうどうでもいいや…と投げやりになってしまうのではなく、バランスの良いヘルシーな食事を心がけることが大切です。食べ過ぎてしまった翌日は何も食べないで過ごすという方も多いようですか、免疫力が下がったり、お腹が空いてかえって暴飲暴食してしまう可能性があります。

なにも口にしないというのは避けて、少ない量でも3食バランスよく食べることを心がけましょう。例えば、朝はフルーツヨーグルトや野菜たっぷりのスムージー、昼はきのこや根菜の蒸し料理やボイルした白身魚、夜は野菜入り湯豆腐や玄米など、低カロリーでありながらも野菜をしっかり摂れる献立をおすすめします。

また、いつもよりも水分を多く取り、身体の中の余分な老廃物をスムーズに排出してあげることも大切です。冷たい飲み物や甘いジュースなどではなく、温かいお湯やハーブティーなどを1日2リットルを目安に飲んで体内をリセットしてあげてくださいね。

食べ過ぎても諦めずに体内をリセットしよう

うっかり食べ過ぎてしまっても、48時間以内ならまだ間に合うと言われています。ヘルシーな食事を心がけつつ、ゆっくり湯船に浸かって汗を流したり、ストレッチや軽い運動をしたりして代謝を促すことも効果的ですよ。諦めずにチャレンジしてみてくださいね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事