あなたの舌は今どこにある?正しい位置に戻すだけでラクラク小顔をゲット!

あなたの舌は今どこにある?正しい位置に戻すだけでラクラク小顔をゲット!

普段あまり意識していない「舌の位置」ですが、実は正しい位置があるってご存じでしたか? 間違った位置が習慣化すると、顔が歪んで、たるみにつながったり、ほうれい線ができやすくなってしまうことも...。でも、間違っている人は、逆にチャンス! 正しい位置に戻せば、フェイスラインがキュッと引き締まり、小顔効果を期待できる可能性が♪ そこで今回は、舌の位置を正しく戻す方法を歯科医の小川朗子先生に伺いました。

正しい舌の位置は、上あごにピッタリ「吸盤」のようにくっついている状態

先端が上の前歯の裏側にある口蓋ひだのあたりにくっつき、表面がまるで吸盤のように、上あごにピッタリくっついている状態が、舌の正しい位置。わかりにくい場合は、ごくっと唾液を飲み込んでみてください。舌が上あごに吸着していませんか? これがベストなポジションです。

舌の筋トレで、正しい位置に戻しましょう!

舌で歯を押す、触るなどのクセや、加齢による筋肉の衰えによって、正しくない位置に定着してしまうことがあります。これによってフェイスラインのたるみ、二重あご、口元の歪み、唾液量の低下につながってしまうため、簡単なトレーニングで舌の位置を正しい位置に戻しましょう♪

1. 舌を上あごにギューっと吸着させます。5秒間張りつかせ、舌を内側にポンっと弾く。これを、5回1セットで行いましょう。
2. 舌の先端を内側に少し丸めて上あごにつけ、そのまま力を入れて、上あごを持ち上げるようにして押す。ギューっと10秒キープしましょう。

力を思いっきり入れて脱力。この動作を繰り返し行うことで、「舌の吸盤化」をクセづけすることができます。

舌が正しい位置に戻ると、二重あごや、フェイスラインのたるみが改善し、口角の上がり方がキレイになるので笑顔が魅力的になるはず! いつでもどこでも人目を気にせずできるので、今すぐトレーニングを始めてみましょう。

お話を伺ったのは...
【アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿】 小川朗子(おがわ あきこ) 院長
鶴見大学歯学部卒業後、都内開業医勤務を経て、アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿を開院。歯科だけでなく、お口と全身のアンチエイジング治療が定評で、 雑誌をはじめとするメディアでも活躍中

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事