【胸にまつわる素朴な疑問まとめ】就寝中もブラジャーはつけるべき?

【胸にまつわる素朴な疑問まとめ】就寝中もブラジャーはつけるべき?

「寝る時にブラジャーを着けて寝てしまうと圧迫するため、バストが小さくなりやすい」「ダイエットするとバストも痩せてしまう」など様々な説がありますが実際のところどうなのでしょうか?胸にまつわる素朴な疑問について2点まとめてみました!

【胸にまつわる素朴な疑問まとめ】就寝中もブラジャーはつけるべき?

胸の型崩れを防ぐにはブラジャーは着けたまま寝るべきなのでしょうか?具体的に見ていきましょう!

<就寝中もブラジャーはつけるべき?>
通常のブラジャーは日中の姿勢に合わせて作られていますので、就寝中につけてしまうと締め付けが強すぎると言われています。締め付けたまま寝てしまうと、胸の周りにある血管が圧迫されるため、血流が悪くなり体が冷えやすくなります。全身が冷えると胸に必要な栄養分が届きづらくなり、バストサイズがダウンしてしまう可能性も…!寝るときは寝返りの揺れをサポートする効果に期待できるナイトブラを活用するようにしましょう。ナイトブラは締め付けも少ないので、よりリラックスした状態で就寝できると言われています。

【POINT】
就寝中、うつ伏せや横向きで寝てしまうと型崩れを起こしたり、胸が垂れてしまうそうです。出来るだけ仰向けで寝る習慣を癖づけるようにしましょう。

【胸にまつわる素朴な疑問まとめ】ダイエット中はバストも痩せてしまう?

モデルのように細く美しい体型を手に入れたいものの、できればバストはダイエット前と同じサイズを維持していきたいものですよね。ダイエットしてしまうとやはりバストまで痩せてしまうのでしょうか?

<ダイエット中はバストも痩せてしまう?>
ダイエット中に野菜や果物ばかり食べていると、タンパク質が不足するため乳腺が減ったり女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が悪くなると言われています。バストサイズを維持するにはダイエット中も大豆製品や牛肉・お魚などの食材を積極的に摂ることが重要なポイントです。なかでもL-カルニチンを含む赤身肉は脂肪の燃焼をスムーズにする作用があるため減量中の女性に大変おすすめですよ!また、運動する際は通常のブラジャーではなく胸の型崩れ〜揺れを防ぐスポーツ用ブラジャーを着用するようにしてください。

いかがでしたか?美乳作りに役立つ習慣はナイトブラ・食生活の改善以外にもマッサージなど様々な方法があるかと思いますが、一度にいくつも取り入れることは難しいものですよね。スキンケアと同じく、毎日の積み重ねが大切ですのでまずは”楽しそう”と感じるものから一つずつ実践していくと良いでしょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事