冷たい飲み物が薄毛の原因に?血行不良が招く頭皮トラブル!

冷たい飲み物が薄毛の原因に?血行不良が招く頭皮トラブル!

「なんだか最近髪の毛が薄くなってきた気がする」そう感じ始めたときは、薄毛が進行してきているでしょう。すぐにでも髪の毛に負担になることはできるだけ避けたいですよね。実は普段私たちが口にしている冷たい飲み物も薄毛につながる可能性があるのです!

冷たい飲み物は薄毛につながる!その原因とは?

冷たい飲み物は、身体のなかを冷やすために、お肌の代謝を低下させてしまうと言われていますが、冷たい飲み物を飲むと体にどのような変化があるのでしょうか?

冷たい飲み物を飲むと、身体は内臓を冷えから守るために全身の血液を身体の中心へ集めようと働きます。このため手足などの末端や頭部などに十分な血液が行き渡らなくなります。

そんな状態が続いてしまうと冷え性を引き起こしたり、慢性的な頭部の血行不良を引き起こすと考えられています。

薄毛の原因の多くは、この血行不良にあります。血行が悪くなると髪の毛に必要な栄養が十分に行き届かなくなるだけでなく、体内の毒素も効率的に排出できなくなるため、髪の毛の成長を妨げてしまい抜け毛や薄毛につながるのです。

薄毛を防ぐには冷たい飲み物はNG?温かい飲み物ならOK?

冷たい飲み物が髪の毛に良くないことはわかりましたが、そうは言っても日常的に温かものばかり飲むようにするのはとても困難です。そこで、冷たい飲み物を飲むときは、一気に飲み干さずにこまめに飲むように心がけると良いでしょう。

またお水やお茶などは、できるだけキンキンに冷えた状態よりも、常温に近い温度で飲むと負担が減らせます。特に体が冷えてる状態で冷たい飲み物を飲むのは、余計に薄毛を促進させてしまうので避けたいところです。

かと言って、水分を摂らないのはいけません。水分の代謝が滞ってしまい、身体に水分を十分に巡らせることができず代謝も下がってしまいがちです。むくみにもつながりやすいので水分補給は大切です。

そして、温かい飲み物ならなんでも良いというわけでもありません。不発控除と呼ばれる、緑茶や抹茶などのカフェインを多く含む飲み物は、かえって身体を冷やす作用があるため、おすすめできません。

血流を促す効果も期待できる温かい飲み物としては、ココアや生姜茶、シナモンティーなどが効果的です。

薄毛に冷たい飲み物ばかり飲むのはもちろん、こうした温かい飲み物の選び方も要注意です。できるだけ身体を冷やさないことが薄毛対策につながりますので、意識していきましょう!

関連記事