黄色い歯は台無し!笑顔をもっと輝かせるホワイトニング方法とは?

黄色い歯は台無し!笑顔をもっと輝かせるホワイトニング方法とは?

歯に自信がある!という人は少ないのではないでしょうか。虫歯はなくても歯並びや色、臭いなど、歯に悩みを持つ人は多いと思います。どんな素敵な人でも笑った瞬間、歯が真っ黄色だと台無しです。気軽に自宅でできるホワイトニングについてまとめてみました。

【歯のホワイトニング】黄色くなる原因は何?

歯は人の印象を大きく変えてしまいます。黄ばみが目立つ人はどんなにキレイにしていても完璧には見えません。反対に歯が真っ白でキレイだと、清潔感が溢れて素敵に見えるものです。

ところで、この黄ばみは一体何が原因なのでしょうか。

歯の着色の原因は食事やタバコなどによって、エナメル質表面が着色汚れを起こしてしまうことが多いそうです。カレーやコーヒーなど色の濃い食品や飲み物、タバコのヤニなどが歯の表面についてしまった汚れです。

ほかにも、エナメル質内部にまで沈着してしまう汚れもあります。長年の着色が続いたりすると表面を磨くレベルでは着色は落ちないと言われています。

【歯のホワイトニング】白い歯を維持するには?

歯の内部の汚れを落とすことはかなり難しいですが、表面については比較的簡単に汚れを落とすことが可能です。歯磨き粉には、歯の表面の着色汚れを削って白くする研磨剤が含まれているものが多く、なかには補助成分を加えてさらに着色汚れが落とせる歯磨き粉もあります。

ホワイトニングには基本的に歯磨きが重要ですが、強く磨きすぎたり、研磨力が強いものもあるので、歯や歯茎を傷つけないよう注意が必要です。

そしてこの研磨成分を含んだ歯専用の消しゴムもあります。スポンジのような素材で、ゴシゴシと歯を磨くと表面の着色レベルであればキレイに落とすことができるのです。

ただ、こちらも研磨力が強いので歯を傷つけないように注意しましょう。

これらの対策でも汚れが落ちない!という人は、歯医者さんでクリーニングしてもらうのもおすすめです。特に汚れが固まってできる歯石は自分で取ることは難しいですから。

またこうして白くなった歯を定期的にメンテナンスすることも重要です。たとえば、歯の表面を修復する作用のあるハイドロキシアパタイトの入った歯磨き粉は、色素沈着しにくくなるという効果もあるのだそうです。

こうした、着色しにくい歯を作り、維持することもホワイトニングには大切です。

また口の中が乾燥していると、唾液の自浄作用が十分に機能せず、歯の汚れが溜まることも考えられますので、よく噛んで食べるなどの工夫も心がけたいところです。

歯のホワイトニングは継続して成立しますので、ぜひ定期的なメンテナンスと日々の生活週間に気をつけましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事