もつ鍋のコラーゲンを吸収!一緒に食べて効果的な野菜はアレだった!

もつ鍋のコラーゲンを吸収!一緒に食べて効果的な野菜はアレだった!

冬の鍋は、いつも私たちの身も心も満たしてくれます。そんな鍋の中でも人気の高い「もつ鍋」はコラーゲンたっぷりで美肌効果、さらにダイエット効果もできる美容鍋ですが、その栄養素の吸収を効率的に摂取できるアシスト野菜があることをご存知でしたか?

もつ鍋とコラーゲンの関係とは?

寒い冬に温かいもつ鍋。最高ですよね!「もつ」にはコラーゲンが含まれていることから美肌効果が期待できることは周知の通りですが、コラーゲンを摂取したいからといって「もつ」単体で食べても十分な美肌効果が得られるわけではないのだそう。

コラーゲンは単体で摂取してもアミノ酸として分解されてしまうため、直接肌につながるというものではないのだとか。

もつ鍋にはいくつか野菜が入っていますよね。ニラや豆腐、キャベツなどが代表格ですが、実はこれらには多くのビタミンCが含まれていて、何を隠そうこのビタミンCこそが、コラーゲンの吸収をアシストしてくれるのです。

コラーゲンはアミノ酸として分解されたあと、このビタミンCの働きによって再びコラーゲンへ再生成されるのです。

このコラーゲン再生成の原理は何ももつに限ったことではありません。フカヒレや牛すじ、うなぎの蒲焼など、同じくコラーゲンの含有量の多い食品も食べ合わせで吸収率は変わります。

コラーゲンの再生成に効果的な食材と、栄養素について

ではここでもつ鍋に入れる具材の栄養価をまとめてみましょう。

■ニラ
もつ鍋の大定番「ニラ」。もつの臭みを消す役割もありますが、やはりビタミンCと豊富な食物繊維から、積極的に具材に加えたい食材です。

■キャベツ
キャベツもビタミンCをはじめ、ビタミンA、ビタミンB群、カルシウムや鉄分など栄養素がたくさん含まれていて、コラーゲンの再生成に一役買ってくれそうです。

■ニンニク
ニンニクに含まれるアリシンという成分には、疲労回復や滋養強壮、さらには代謝の促進など、健康にも美容にも嬉しい効果が期待できます。

これらのほかにも発汗作用のある鷹の爪など、もつ鍋はコラーゲンの再生成に働きかける食材がふんだんに使われた美容鍋なのです。

たくさんの野菜を入れて、もつのコラーゲンを吸収してプルプル美肌を手に入れちゃいましょう!

関連記事