忙しさやストレスなどで疲れた肌にはどんなスキンケアが最適?

忙しさやストレスなどで疲れた肌にはどんなスキンケアが最適?

連日の疲れが溜まっていたり、ストレスや睡眠不足などが続いていたりすると、ファンデーションがうまくのらず毛穴やくすみが目立ってしまい肌がごわつくなどといった疲れたお肌に…。そこでお疲れ肌にはどんなスキンケアが大切なのかをご紹介していきます。

毛穴やくすみの目立ち、ごわつきなどのお疲れ肌にぴったりのスキンケアって?

毎日忙しくてスキンケアを念入りにできない日が続いていたり、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどが続いたりしていると、毛穴やくすみ、ごわつきなどが目立ち、ファンデーションがうまくのらない…などと、なんとなく肌が元気がないと思ったことはありませんか?

季節の変わり目や体調、日常生活などで肌が疲れていると、ターンオーバーが乱れてしまい毛穴の開きやくすみ、肌のごわつきや弾力のなさ、乾燥など、肌の不調が目立ってしまいます。疲れた肌をそのままにしておくのではなく、優しく労って元気なハリ肌を取り戻しましょう。

疲れた肌を元気なハリ肌に戻すスキンケア

疲れた肌はこわばっていて化粧水や美容液などの基礎化粧品が浸透しにくくなっています。まずはお風呂にゆっくり浸かり、ホットタオルやスチーマーを使って硬くこわばった肌を柔らかくしてあげることから始めていきましょう。肌を温めるだけで血流が良くなり、くすみの改善にもつながりますよ。

なんとなく基礎化粧品が浸透しにくいと感じたり、ごわついている場合は、古い角質が溜まっているので刺激の強いピーリングではなく、酵素洗顔をたっぷり泡立てて洗っていきます。洗顔後は攻めるケアよりも守るケアが重要です。低刺激の化粧水や美容液で肌をたっぷり潤して、クリームでしっかり蓋をして肌を守ってあげてくださいね。守りのケアを徹底することで、バリア機能が高まり徐々に元気な肌を取り戻せると言われていますよ。

また、肌が疲れているときには身体も疲れている証拠。リラックスした状態で早めに布団に入り、たっぷりの睡眠を取りましょう。

疲れた肌は守りのケアでバリア機能を高めよう

疲れている肌には美白ケアや無理な角質ケアをするのではなく、肌を温めて血流を良くしてから保湿を徹底した守りのケアをしていくことがポイントです。質の良い睡眠やバランスの良い食事を心がけて肌の内側からもケアをしてあげてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事