まぶたがかゆい…かゆみの原因とまぶたの正しいかゆみ対策とは?

まぶたがかゆい…かゆみの原因とまぶたの正しいかゆみ対策とは?

季節の変わり目やアイメイクをしたあと、クレンジングをし終わったあとなど、まぶたがかゆくて辛いという経験をしたことはありませんか?なぜまぶたがかゆいのか、その原因を知ってまぶたのかゆみ対策をしていきましょう。

まぶたや目のキワのかゆみの原因とは?

まぶたや目のキワがかゆくなる原因は様々。その中でも代表的なものは、メイク汚れが残っていることやアレルギー、花粉やまつげダニなどが挙げられます。

特に多いのがアイメイクの汚れが残っていること。パンダ目にならないために、ウォーターマスカラやリキッドアイライナーを使っていたり、アイシャドウの細かいラメがしっかり落とせないままだとまぶたや目のキワに負担がかかり、荒れたりかゆみを伴う場合があるので注意が必要です。つけまつげのグルーやアイプチなどのノリが残っていると、ゴミや花粉などが付着してかゆくなる可能性もあります。

アレルギーや花粉、ハウスダストなどでもまぶたがかゆくなり、掻きすぎると結膜炎などの目のトラブルを引き起こす場合が。普段使っている化粧品などが突然肌に合わなくなる方も多いようです。

まぶたのかゆみを改善する方法

まぶたや目のキワのかゆみが我慢できなくなりゴシゴシ擦りたくなってしまいますが、目を掻くと薄いまぶたの皮膚にダメージを与えてシワやくすみになったり、眼球が傷ついて目のトラブルが起きてしまったりするため絶対掻くことは避けましょう。

まぶたや目のキワがかゆいときには、温めるよりも氷水で濡らしたタオルで冷やすことがポイントです。アイメイクが残らないように顔全体に使うクレンジングではなく、アイメイク用のポイントリムーバーでしっかりメイクを落としていきましょう。特に目のキワは綿棒にポイントリムーバーを含ませて、ゴシゴシ擦らずに優しくとんとんタッチするイメージでメイクを落としてくださいね。

まぶたがかゆいときには、落としにくいウォータープルーフマスカラなどを使ったメイクやまつげのキワを埋めるインサイドラインをなるべく避け、メイクをせずに過ごしたり石けんで落とせる化粧品を使ったナチュラルメイク程度にしておくといいでしょう。

目の周辺のスキンケアは敏感肌でも使える化粧水やアルコール、添加物が含まれていない低刺激の基礎化粧品を使って優しく抑えるように馴染ませます。まぶたが荒れていたり、炎症しているときには早めに病院で診てもらってくださいね。

デリケートなまぶたのかゆみを未然に防ごう

まぶたがかゆくなる前に、毎日のアイメイクをしっかり落として清潔な状態をキープしたり、落ちにくい化粧品を控えることや目の中を洗浄するアイテムを活用したりして汚れがつかないように気をつけましょう。まぶたのかゆみは日常生活の中で気をつけるだけで未然に防ぐことができますよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事