ヨーロッパ発のリフトアップ整形「スプリングスレッド」とは?

ヨーロッパ発のリフトアップ整形「スプリングスレッド」とは?

しわ・たるみなど年齢肌特有のトラブルを解消すべく、リフトアップに関する整形手術にご興味がある女性もいることでしょう。最近では切らずに顔のたるみの約90%を改善できる「スプリングスレッド」という施術法が日本でも徐々に話題になっていますね。

注目のリフトアップ整形術!スプリングスレッドの特徴について

スプリングスレッドとは、伸縮性のある突起のついた糸を皮膚内に挿入し、気になるたるみをリフトアップするフランス生まれの手術法と言われています。特徴については以下の通りと言われています。

<スプリングスレッドの特徴>
・メスを入れないため傷跡が残らない
・何度も通院する必要性がない
・たるみに対し即効性がある

また、スプリングスレッドにはたるみ解消以外にもフェイスラインを引き締め小顔効果に期待できるほか、糸の挿入により皮下組織に刺激が加わるので長期的にコラーゲンの生成が促され、ごく自然な状態で肌のハリと潤いを取り戻すことができるそう。費用は50万円ほどかかりますが、1回の施術で長期間持ちますので毎月エステに通うよりもコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

リフトアップ整形「スプリングスレッド」に副作用はある?

従来のリフトアップ整形の場合、口周りがひきつるなどの副作用が多々報告されていましたが、スプリングスレッドにもそのような副作用があるのでしょうか?

スプリングスレッドに使用する糸は、柔軟性と伸縮性に優れており、筋肉の動きと一緒に動くため頻繁に動かす目元〜口周りまでリフトアップ効果がしっかり持続してくれると言われています。また、欧州のCEマーク(※安全基準などの条件を満たすことを証明するマーク)も取得済みで有害作用や拒絶反応が起こった例もないそうです。

【POINT】
スプリングスレッドは残念ながら日本で施術できる医師がまだまだ少ないのが現状と言われています。スプリングスレッド以外でおすすめの切らないリフトアップ法は「フラクショナルレーザー」です。名前の通りレーザー光線を照射していく施術法で、施術後は肌の再生力と治癒力がアップし、たるんだ肌を引き締める効果に期待できます。また、ダウンタイムも少ないので翌日から会社に通うことも可能と言われています。

整形は勇気がいるものですが、時には肌のプロに任せることも一つの手段と思います。ご興味がある女性は是非参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事