【大人も飲んでOK!? 】粉ミルク健康法で美味しくアンチエイジング!

【大人も飲んでOK!? 】粉ミルク健康法で美味しくアンチエイジング!

粉ミルクは元々赤ちゃんのために研究され、作られたものですが、栄養価が非常に高いことから実は私たち大人が使っても嬉しい美容・健康効果に期待できるんです!粉ミルクを活用して内側から美しい体をGETしていきましょう。

粉ミルクはなぜ美容・健康に良いの?

最近では大人用の粉ミルクなども増えてきているようですが、粉ミルク健康法を実践する場合使用するのはどこのスーパーでも手に入りやすい赤ちゃん用ミルクでOKと言われています。粉ミルクはなぜ大人が飲んでも体に良いのでしょうか?気になる栄養面についてチェックしていきましょう!

1.【栄養バランスが整っている】粉ミルクの原料は牛乳ですが、私たちが毎日飲んでいる牛のミルクと粉ミルクとでは含まれる成分や性質が大きく異なると言われています。例えばタンパク質のなかでも普通の牛乳にはごく少量しか含まれていない「ラクトアルブミン」を増やしたり、お肌や体の健康維持に欠かせないビタミン類やミネラルなどを配合しているそう。よって粉ミルクを飲むことで必須栄養素の他、日本人が不足しがちな栄養素まで一度に効率よく摂取できるという嬉しいメリットがあると言われています。

2.【腸内の善玉菌が増えやすくなる】粉ミルクには善玉菌の一種であるビフィズス菌の餌となる「乳糖」が豊富であることから粉ミルク健康法を続けるうちに腸内フローラのバランスが整いやすくなります。また、粉ミルクにより善玉菌が優位になり便秘が改善されると血流も良くなり、健康的で若々しい肌へ蘇ると言われています。

<POINT>
粉ミルク健康法は朝食を粉ミルクに置き換えて昼食・夕食は普段通りの食事を食べるというとてもシンプルなやり方です!腸内環境が整うだけでなく、摂取カロリー(※1杯あたり約135カロリー)も減らせるのでダイエットにも繋がると言われています。

粉ミルクの基本的な作り方・おすすめのアレンジ法について

粉ミルクの基本的な作り方についてご紹介します。お通じがない場合は2〜3杯分量を増やしたり、逆にゆるすぎる場合は減らすなどしてその日の体調に合わせて量を微調整するようにしましょう。

<粉ミルクの基本的な作り方>
【材料】
・粉ミルク 10〜30g
・お湯 100〜200ml

【作り方】
1.カップに粉ミルクを入れ、70度のお湯を注ぎます。
2.粉ミルクの塊がなくなるまでスプーンでゆっくりかき混ぜたら完成です。

<POINT>粉ミルク特有の甘さや香りが”ちょっぴり苦手”と感じる場合は、インスタントコーヒーやココアパウダーを少量入れてアレンジしてあげるのもおすすめですよ!

いかがでしたか?大人の美容・健康にとっても非常に優れた食品、粉ミルクで健やかな毎日を体感してみてくださいね!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事