ただ飲むだけじゃダメ!美容効果を得るための水の飲み方とは?

ただ飲むだけじゃダメ!美容効果を得るための水の飲み方とは?

生きるために欠かせない水ですが、水分をしっかり取らないと肌の潤いが低下して乾燥したカラカラの肌になってしまいます。美容効果を得るためには水をただ飲むだけでなく、飲み方にもポイントがあるのをご存知でしょうか?!

毎日欠かせない水がもたらす美容効果とは?

普段何気なく飲んでいる水ですが、水を飲むことで血液の流れがよくなり老廃物の排出がスムーズに行われることで代謝がアップすると言われています。水をたくさん飲むことで肌の水分量も上がり、むくみにくくなるなど良いことづくし。

もともと身体の約60%は水分が占めているのですが、年齢を重ねるにつれて体内の水分量が減っていくそう。水分が足りないと血液がドロドロになり、肌に必要な栄養素や酵素がスムーズに運ばれなくなってしまうため、普段から意識してしっかり水分を取ることが大切と言われています。

たくさん飲めばいいわけではない!? 美容効果を高める水の飲み方

水を大量に飲めば肌が潤って血液がサラサラになる!というわけではありません。1度に大量の水を飲んでもすぐに吸収することができないため、身体に負担がかかってしまいます。美容効果を高める水には、身体に必要な水分を朝昼晩に分けて飲むことがポイントですよ。汗や尿などで排出される水分を入れると、1日あたり2.5リットルの水分摂取が必要だと言われていますが、食事などでも水分を取ることができるため、水を飲むのは1~1.5リットルを目安にするといいでしょう。

1日1~1.5リットルの水なんて飲めない!と思いがちですが、500mlのペットボトルを朝昼晩に分けて3本飲むように意識すると意外と簡単です。お腹が空いたときの間食代わりに飲んだり、食前に飲んでお腹を膨らませてダイエットにつなげたり、毎日500mlの水を朝昼晩それぞれに飲むことで次第に慣れてくるはずです。

朝起きて身体をシャキッと目覚めさせたいときや、汗をかいたとき、暑いときなどには冷たい水をグビグビと飲みたくなりますが、身体を冷やしてしまうため常温のミネラルウォーターを摂取しましょう。常温の水を飲むことでより身体に吸収されやすくなり、代謝がスムーズにアップするとも言われていますよ。

常温の水を朝昼晩に分けて美容効果を高めよう

ただ単に水を大量に飲むというわけではなく、常温の水を朝昼晩に分けてそれぞれ500mlを目安に飲むだけで美容効果をより期待することができます。同じ量の水を飲むなら、美容効果を得られる方を選びたいですよね。生きるために欠かせない水を積極的に飲んで健康と美容を手に入れましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事