おざなりケアが老けの原因に?冬場だからこそ実践したい本格UVケア

おざなりケアが老けの原因に?冬場だからこそ実践したい本格UVケア

「冬だし日焼けはしないだろう」とUVケアを怠ってはいませんか?夏と比べ、太陽が眩しくないように感じてしまうものですが冬でも紫外線はさんさんと降り注ぎ、日焼け止めなどを塗っていなければ肌の老化を早める原因になると言われています。

冬場だからこそ実践したい!本格UVケアのやり方

紫外線にはUVA(雲や窓ガラスを通り抜けやすく、シワやシミの原因となる紫外線)とUVB(肌表面の細胞を傷つけ、肌が赤くなりやすい)の2種類があると言われています。UVBは窓ガラスを通過しませんが、UVAにかんしては冬場でもUVB程量が減らないため「家の中だから大丈夫」と油断していると知らないうちに紫外線による大きなダメージを受けている可能性も…!冬場に最適なUVケアのやり方について見ていきたいと思います。

<冬場だからこそ実践したい!本格UVケアのやり方>
【外出先】
・マフラーや手袋、帽子などの小物を活用
・外出先はできるだけ日陰に入るようにする
・ファンデーションやリップはUVカット効果に期待できるものを使用
・ガーデニングや洗濯物を干す時も帽子や手袋を使う

【室内】
・窓ガラスにUVカット加工のフィルターやマスキングテープを貼る
・UVカット加工のカーテンを使用

雪は紫外線を強く反射するため、スキー場や雪山は夏のビーチにいる時と同じように色黒肌になりやすいです。スノーボードなどのウインタースポーツをやる機会がある方は特に注意しましょう。

UVケアアイテムの正しい選び方

UVケアアイテムを購入する際は、「SPF値」と「PA値」に注目しましょう。

<UVケアアイテムの正しい選び方>
SPF値とはUVBを浴び肌が赤くなるまでの時間を表す指標で、PA値はUVAのカット効果を表す日本独自の指標なんだそう。いずれもアウトドアなどでは数値の高いものを選ぶ必要性がありますが、普段使いしてしまうと肌に大きな負担を与えやすいです。日常生活で使用する際はSPA15〜20、PA++程度で十分と言われています。

また、成分にも注意するようにしてください。紫外線吸収剤を含むものは、化学変化を起こすため肌への刺激が大きいと言われています。肌が弱い方はできるだけ「ノンケミカル」と表示されている商品を選ぶようにしましょう。

紫外線が真皮まで達すると、コラーゲンが破壊されシワやたるみの原因になると言われています。若々しい肌を維持するためにも冬場も欠かさずUVケアを実践していきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事