深呼吸でメンタルから美人になろう!正しいやり方についてご紹介

深呼吸でメンタルから美人になろう!正しいやり方についてご紹介

私たち人間が無意識のうちに行っている「呼吸」は、生命機能を維持するために大事なことなのですが、心にも大きな影響を与えていると言われています。正しい呼吸法を実践することで顔立ちやスタイルなどに思わぬ美容効果が得られるそうですよ!

深呼吸でメンタルから美人になろう!期待できる効果について

深呼吸に期待できる美容・健康効果についてチェックしていきましょう。

1.【姿勢・スタイルの改善】深呼吸により幸せホルモンである「セロトニン」が活性化されると、首筋・背筋・腹筋といった抗重力筋に刺激が与えられるため、垂れ下がっていたお尻やウエスト周りがキュッと引き締まると言われています。

2.【顔の表情が豊かになる】セロトニン神経は深呼吸を行うことで体だけでなく、まぶたなど顔面の筋肉にも刺激を与えるそう。その結果、顔のシワ・たるみが改善されやすく、口角が上に上がり顔の表情が豊かになりやすいです。

3.【睡眠の質を高める】深呼吸で昼間にセロトニンの量を増やしておくと、夕方以降に眠るための物質である「メラトニン」に代謝され、ぐっすりと眠れるようになると言われています。

4.【リラックス効果】怒りの感情はセロトニン神経が活性化することで鎮まりやすくなります。イライラした時は深呼吸を取り入れてリフレッシュタイムを設けるようにしましょう。

【POINT】
セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から合成されるため、よりスムーズにセロトニンの分泌量を増やすには、食物からトリプトファンを積極的に取り入れる必要性があると言われています。手軽に摂取できるものとしては、合成に必要なミネラル・ビタミンB群・糖質を同時に含むバナナがおすすめです。

美容効果に期待できる!? 深呼吸の正しいやり方

毎日の生活の中でも簡単に実践しやすい、美容効果に期待できる深呼吸のやり方について見ていきたいと思います。一般的な呼吸方法と異なるため、慣れるまでに少々時間がかかるかもしれませんが、まずは1分間に4サイクルを目標に「吸う」よりも「吐く」ことに意識を集中しながら実践していきましょう!

<美容効果に期待できる深呼吸のやり方>
15秒で吸う・吐くという1サイクルの動作を基本に行っていきましょう(※1日5分間が目安)。割り振りは、吸う6秒、吐く9秒の割合が適切であると言われています。また、大きく吐けば自然と空気を吸い込むことができるので、よりリラックスした状態で深呼吸を実践しやすいです。基本的なやり方に慣れてきたら「8秒吸って、4秒止めて、3秒で一気に吐く」というパターンの呼吸法にチャレンジしてみましょう。こうすることで覚醒を促し、より高い美容・健康効果に期待できます。

いかがでしたか?継続的に続けることが最も重要なポイントですので、歯磨きやお風呂と同じように習慣化することを癖付けていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事