【ベビ待ちさん必見!】子宮をいたわるマクロビオティックレシピ

【ベビ待ちさん必見!】子宮をいたわるマクロビオティックレシピ

将来的に妊活を始めたい!という女性はまずは食生活の改善から始めていきましょう。食事により、子宮の質を高めることで丈夫な赤ちゃんが生まれることに繋がることはもちろん、美肌やダイエットなど様々な美容効果に期待できます。

マクロビオティックレシピとは?期待できる効果について

アメリカでは代替医療として注目を集めているマクロビオティック。もともと日本に根ざした食材や調理法が取り入れられているため、日本人であればすぐに馴染みやすい食事内容であると言われています。

<マクロビオティックとは?期待できる効果について>
マクロビオティックとは、玄米菜食を基本とした食事法で日本人の桜沢如一氏が提唱したことにより1950年以降、欧米を中心に広がっていったそうです。世界的歌姫であるマドンナやトムクルーズといったセレブが取り入れたことから瞬く間に世界に普及したんだとか…!
マクロビオティックをベースとしたレシピを食べ続ける毎に心身のバランスがとれ、便秘やPMSの改善をはじめ、子宮を温める効果などにも期待できます。日本の食生活が欧米化している分、ストイックにやりすぎてしまうと長続きしにくいため、まずはできる範囲から少しずつマクロビオティックを取り入れていくと良いでしょう。

【POINT/食材の選び方について】
〜基本食〜
・【植物油・調味料・ふりかけ】適宜
・【豆製品・海藻】10〜15パーセント
・【野菜】20〜30パーセント
・【精白していない穀物】40〜60パーセント

〜オプション〜
・【肉・卵・乳製品】月に2回程度
・【魚介類・甘味・種子・ナッツ・果物】週に2〜3回程度

子宮をいたわるマクロビオティックレシピ 〜柚子胡椒入り和風ひじきパスタの作り方〜

女性に欠かせない鉄分たっぷりのひじきを使った和風パスタのレシピです。材料に使用している全粒のパスタは食物繊維が豊富なため、高いデトックス効果に期待できます。

<柚子胡椒入り和風ひじきパスタの作り方>
【材料】
・全粒スパゲティ 100g
・乾燥ひじき(水で戻す) 5g
・しめじ 1/4パック
・生姜(みじん切り) 1片
・人参(千切り) 20g
・長ネギ(千切り) 10cm
・大葉(千切り) 1〜2枚
・ごま油 適量
・塩 適量
・醤油 大さじ1/2
・柚子胡椒 小さじ1
・昆布出汁 120cc

【作り方】
1.鍋にごま油と生姜を入れ、香りが出てきたら長ネギを入れて炒めましょう。
2.ひじき、しめじ、人参を入れて更に炒めていきます。
3.2に醤油・昆布出汁を入れ、沸騰したら弱火にして10分間煮込みます。
4.茹でたスパゲッティを入れ、柚子胡椒と塩で味を整えていきます。
5.4をお皿に盛り付け、大葉をトッピングして完成です。

出産予定は特に無いという女性も早めに食生活を改善することでいざ妊娠した際、様々なリスクを軽減することができると言われています。将来のためにも是非この機会にマクロビオティックを取り入れた体が喜ぶ生活を始めてみませんか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事