間違いだらけのスキンケア!逆効果で知らず知らずにお肌はボロボロに

間違いだらけのスキンケア!逆効果で知らず知らずにお肌はボロボロに

日々欠かせないスキンケアですが、日によって違うことはあまりないですが、人によってやり方が違うというのはよく聞きます。スキンケアは正しく行わないと効果が得られないどころか、逆効果を招く恐れも。果たしてあなたのスキンケアは正しいのでしょうか?

スキンケアで効果が変わる?自分のやり方は正しいのか

スキンケアと一口に言っても、人によってやり方はさまざま。使う美容液が違えば、順番やタイミングなど異なる点をあげればキリがないでしょう。

友達とやりかたの違うスキンケアの話で、自分のやり方間違ってる?と不安になることもありますよね。そこで、効果をあげるためにも正しいスキンケアについてしっかり確認しておきましょう。

スキンケアに重要なのは水分だけじゃない!正しいやり方とは?

「化粧水をたっぷりつけた後、乳液でしっかりフタをする」。このど定番のスキンケアは、実は正しいスキンケアとは言い難いのだそうです!

化粧水で水分をたっぷり補給するよりも、むしろ補うべきは「セラミド」なのだとか。セラミドは肌の潤いに欠かせない油性の保湿成分ですが、加齢とともに減少していきます。化粧水で水分をカバーするよりも、美容液で油分を補給する方が効果的なのだそうです。

また化粧水で水分を補ったあと、乳液が「フタ」の役割を持つことは難しいでしょう。肌のセラミドが足りないと、結果として水分は蒸発してしまうと考えられています。

そして気をつけたいのはクレンジングです。最もセラミドを奪うスキンケアで、洗浄力が強いクレンジング剤を使用するとメイクだけではなく、皮脂とともにセラミドが落ちてしまうと言われています。

肌のバリア機能を乱すことにつながるので、特にオイルのような強力なタイプは避けて油分と乳化剤のバランスがよいクリームタイプがおすすめです。肌に負担をかけないクレンジングを心がけましょう。

クレンジング後に、加湿器や保湿用スチーマーで保湿することも、温度や湿度の過剰な変化を招き、かえって肌へ負担をかけることになります。

保湿を過剰にするのではなく、美容液などを適したものでスキンケアすることが大切なのです。正しいスキンケアで肌を美しく保ちましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事