まだ若いから…と油断は禁物!老け顔は日常生活に潜んでいる⁉︎

まだ若いから…と油断は禁物!老け顔は日常生活に潜んでいる⁉︎

まだまだ若いからエイジングサインとは無縁だと思っている方、もしかしたら日常生活が原因でシワやたるみなどのエイジングサインが出来てしまうかもしれません。老け顔になってしまう原因を知り、いつまでも若々しい肌をキープしていきましょう。

老け顔は加齢によるものだけが原因ではないって本当?  

老け顔に見られてしまいがちな部分は、目の下のクマ、シワ、たるみ、くすみ、シミなどが挙げられます。特に実年齢より上に見られやすいのがシワやたるみ。エイジングサインの代表とも呼ばれるシワやたるみは加齢によるものだと思われがちですが、加齢だけでなく日常生活にも原因が潜んでいると言われているのです。

老け顔になってしまう日常生活とは?

老け顔は日常生活のあることが原因でなりやすいため注意が必要です。

まずは姿勢の悪さ。猫背で背中が丸まっていて、顎が前に出ている姿勢でいると首に負担がかかるため首から肩にかけて血流が悪くなり、目の下のクマやくすみなどになってしまうと言われています。なるべくお腹に力を入れて背筋をピンと伸ばし、背伸びなどのストレッチで姿勢を正してあげましょう。

そして、パソコンやスマートフォンを長時間使っていると眼精疲労やクマの原因になることも。下を向いた状態でいると重力に引っ張られるため、たるみにつながってしまうそうです。パソコンやスマートフォンを使う際は休憩をこまめに挟んだり、できるだけ上を向いて使う習慣をつけるといいですね。

それだけでなく睡眠不足や運動不足、栄養不足などの不規則な生活をしていると、肌のターンオーバーが乱れたり、体内から老化が出始めてしまうため要注意。老け顔にならないためにも規則正しい生活や栄養たっぷりの食事を摂ることが大切です。

また、紫外線対策を怠っていると、メラニンが過剰に作られてシミになるだけでなく、肌の弾力に必要不可欠なコラーゲンを破壊してしまいます。コラーゲンが破壊されるとシワやたるみの原因となるため、1年中紫外線対策をしていきましょう。

若いうちから日常生活を見直して老け顔対策を!

老け顔は加齢によるものだけではなく、毎日の生活の中にも原因が潜んでいます。将来シワやたるみなどのエイジングサインができて後悔しないためにも、今できることから改善して老け顔対策をしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事