【医師に聞く】足裏が痛い!魚の目・たこの症状と治療~足のトラブル

【医師に聞く】足裏が痛い!魚の目・たこの症状と治療~足のトラブル

お気に入りの靴だけど足が痛くなる…。足の「たこ」や「魚の目」で悩んでいる女性たちは意外と多いといいます。そこで、巻き爪や足の臭いなど含めた足のトラブルについて、スキン・ソリューション・クリニック院長の脇田加恵先生に教えていただきます!
正しい足ケアで夏までに足元美人! 脇田加恵先生

「たこ」「魚の目」の症状と原因

主に足の裏にできるトラブルとして、「たこ」や「魚の目」も女性に多いと聞きました。「たこ」や「魚の目」の症状やそれらができてしまう原因について、教えていただけますか。

「皮膚の局所、特に骨の出っ張りや関節部の骨のところに摩擦や加重が慢性的に加わると、皮膚を厚くしてそれらの外的刺激から守ろうとしてできるのが、いわいる『たこ』と呼ばれる『胼胝(べんち)』と『魚の目』と呼ばれる『鶏眼(けいがん)』です」(脇田先生)

たこ(胼胝)と魚の目(鶏眼)の違いはどういった点ですか。

「どちらも、皮膚が厚くなるのが特徴ですが、一般に、たこは表面全体が厚く固くなり痛みを感じにくいとされています。一方、魚の目は、魚(鶏)の眼のような芯があり、それが皮膚の奥に向かって固くなっていくことから、押したり圧をかけると痛みを感じるといわれています」(脇田先生)

「たこ(胼胝)」「魚の目(鶏眼)」の治療法と予防法

足の「たこ(胼胝)」や「魚の目(鶏眼)」は、病院に相談した場合、どういった治療をしていただけるのですか。

「硬く厚くなった角質を削ったり、鶏眼の芯を取り除く治療法があります。痛みが出ている場合は、こういった治療を受けると、痛みが減って楽になりますよ」(脇田先生)

見た目に良くない「たこ」や「魚の目」の痛みが、病院の治療で軽減されるのであれば、嬉しいです!

「ただ、注意が必要な点があります。それは、せっかく治療して良くなったとしても、その部分への圧迫や摩擦などの外的刺激が除去されなければ再発します。ですから、刺激が加わらないような『靴の改善』や『歩き方の改善』が必要です」(脇田先生)

せっかく病院で治療しても、再発してしまうことがあるとは、注意が必要なのですね。「たこ」や「魚の目」を再発させないために、私たちができる予防策はありますか。

「たこや魚の目は、先ほども触れたように、慢性的に摩擦や加重が加わることでできます。ですから、再発予防には、普段から履いている靴や歩き方の癖などを見直すことがとても大切です。

また、ドラッグストアなどのフットケアコーナーには、そのような刺激を和らげてくれるクッションシートが売っていますので、それらを活用するのも手軽ですね」(脇田先生)

おしゃれ女子に多い?! 足のトラブル|巻き爪・足の臭い

この他にも女性に多い「足のトラブル」として、足の「巻き爪」といった爪のトラブルもあると聞きます。何かアドバイスをいただけますか。

「『巻き爪』は、爪を正しく切るようにすると改善されることが多いです。この他の爪のトラブルで困っている場合も、早めに皮膚科医に相談をして、爪の正しい切り方やその方の症状に合った治療法などのアドバイスを受けると良いと思います」(脇田先生)

また、「足の臭い」の悩みも多いようですが、どういった点を注意すればよいですか。

「足の蒸れなどからくる『足の臭い』は、『水虫』につながることもあるので、注意が必要です。特に、『素足』は蒸れやすいので、できるだけ『靴下などを履く』、『制汗剤を活用する』といったケア方法がお勧めです。
また、足の裏はもちろんのこと、普段、履く靴についても、蒸れた状態を放置して菌が増えてしまわないよう、『乾燥』や除菌をするといった『清潔』を心がけることが大切と思います」(脇田先生)

「たこ」や「魚の目」は無理をすれば我慢できてしまうものの、毎日の歩くのに辛かったり、これからの季節は見た目的にも、治しておきたい足トラブルの1つと思います。
また「足の臭い」や「爪のトラブル」についても、キレイを目指す女子としては、やはり治しておきたい症状ですよね。病院による治療も含めて、先生に教えていただいたアドバイスを実践し、足元美人を目指しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
脇田 加恵 先生
スキン・ソリューション・クリニック 院長/皮膚科専門医

関連記事