寒い方が効果的!?たった5分で正月太りを撃退する「FAT5」トレーニングって? 

寒い方が効果的!?たった5分で正月太りを撃退する「FAT5」トレーニングって? 

おせちにお雑煮...と、ついつい食べ過ぎてしまうお正月。そんな正月太りを手軽に即リセットできるダイエットがあればいいのに...と思いますよね。そんな夢のようなダイエットを和田清香さんが教えてくれました!

「寒さ」が痩せやすい身体を作るカギ!

冬は1年の中でもっとも痩せやすい季節。なぜなら体温を一定に保つため、代謝を高めて熱を生み出そうとするからです。例えば、暖房をつけずに窓を開けた状態で軽く身体を動かすと、最初は寒さを感じるもの、すぐに内側からどんどん熱が生み出され、汗が出てくるほど。それくらい身体が温まりやすいのです。

また、研究*によると、身体が震えるほどの寒さを経験すると身体中の筋肉から「アイリスイン」、褐色脂肪細胞から「FGF21」という2種類のホルモンが分泌されることがわかったのだそう。これらのホルモンは白色脂肪細胞(貯蓄型の脂肪)を刺激して、脂肪燃焼作用のある褐色脂肪を作り出すことができるのだとか! さらに寒さで身体が震え出すのは約15℃以下からで、10〜15分間震え続けると、中程度のエクササイズ1時間分に相当する量の「アイリスイン」が分泌されるということも明らかに。
つまり、「寒さ」を味方につけることが、痩せやすい身体作りのポイントになるんですよ!

寒い場所で行う5分間の全力トレーニングでカロリーを消費!

でも、寒さに耐えるようなダイエットは、ダイエットの天敵である「冷え」を招く可能性も...。そこで寒い場所で効果的に身体を動かすことができる和田さん考案の『FAT5(Fat Attack Training 5minutes)』をご紹介! 「FAT5」とは7つの高強度な無酸素運動と、6回の体力を回復するための休息を交互に繰り返す5分間のトレーニング。短時間での効率的にカロリー消費が期待できるうえ、運動後もカロリー消費が継続するのが特徴なんです! では、さっそくそのトレーニングをチェックしましょう。

寒い場所でトライ!  FAT5プログラムのやり方

エクササイズ1

両脚を揃えてその場でジャンプ。小刻みに、なるべく多く30秒間ジャンプする。
(15秒休憩)

エクササイズ2

腕立て伏せの状態になり、右ひざを右胸に、左ひざを左胸に交互に近づける動きを30秒間行う。
(15秒休憩)

エクササイズ3

両脚を揃えて前後にジャンプ。この動きを30秒間行う。
(15秒休憩)

エクササイズ4

腕立て伏せの状態になり、右ひざを左胸に、左ひざを右胸に交互に近づける動きを30秒間行う。
(15秒休憩)

エクササイズ5

両脚を腰幅より広く開き、ひざを曲げながらお尻を真下に下ろし、両腕は前方に伸ばす。次にひざを伸ばすと同時にジャンプし、両手は下ろす。この動きを30秒間行う。
(15秒休憩)

エクササイズ6

腕立て伏せの状態になり、右脚を伸ばしたままつま先を少し浮かせ、右に移動させてつま先を床にタッチして元に戻す。左脚も同様に。左右交互に30秒間繰り返す。
(15秒休憩)

エクササイズ7

脚を開き、両腕を広げながら大の字にジャンプをする。着地する時に脚を閉じ、左右に広げた両腕は前方に伸ばす。この動きを30秒間繰り返す。

7種類のエクササイズをすると考えると、大変に思うかもしれませんが、たった5分間窓などを開け放って、集中して頑張るだけ。お正月に溜め込んでしまった脂肪をさっそく撃退しましょう!

*【参照】Irisin and FGF21 Are Cold-Induced Endocrine Activators of Brown Fat Function in Humans

お話を伺ったのは...
ダイエットエキスパート/和田清香さん
これまでに体験したダイエットの数は約350種類、自身も15kg痩せに成功。
「AFPA Nutrition & Wellness Consultant Certification」「マットピラティスベーシックインストラクター」「NY&NJ State Esthetics License」資格を持ち、健康美に効果のある食事、運動、生活習慣に精通、TVや雑誌、WEB連載、講演活動などで活躍。また、「レギンス入浴」をはじめ、商品開発や流行のダイエット法を自らも生み出すなど、健康美を目的としたダイエットをトータルに提案。近著は『30秒でスッキリ!壁トレ体を動かすのが好きになる!』(ナツメ社)。公式ブログ、インスタグラムアカウント「DIETCAFFEE」

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事