もうシャンプーはいらない?お湯だけで髪を洗う「湯シャン」の効果

もうシャンプーはいらない?お湯だけで髪を洗う「湯シャン」の効果

普段入浴時に頭を洗うときには、シャンプーをする人がほとんどでしょう。でもシャンプーは頭皮に合わなくて髪がパサついてしまったり、頭皮を傷つけてしまったり。実は今シャンプーを使わない「湯シャン」が見直されているのです!詳しくご紹介していきます。

湯シャンで頭皮環境を改善!フケやかゆみ、パサつく髪を解消しよう!

「湯シャン」。一度くらいは聞いたことがあるかもしれません。呼び名から察しの通り、お湯だけで頭を洗うことですが、果たしてそれだけで本当に汚れが落ちるのか。甚だ疑問ですよね。

しかし、実は水でも余分な皮脂を落とすだけの洗浄力はあると言われているのです。もちろん湯温が高いほど洗浄力も比例するのですが、おおよそ40度ほどでシャンプーに近い洗浄力があるのだとか。

湯シャンの最大のメリットは、頭皮環境をあるべき姿に戻すこと。というのも実は多くの人がシャンプーによって髪や頭皮にダメージを与えてしまっているのだそうです。

頭皮環境が悪化してしまうと、髪の毛のパサつきや、フケ、かゆみ、さらには薄毛の原因にもなりえます。なかでも洗浄力の強いシャンプーを使用している人は、必要な皮脂まで削ぎ落としてしまっているかもしれないのです。

正しい湯シャンでサラサラの髪を手に入れよう!

湯シャンは、ただ単純にお湯で髪を洗うだけではありません。正しく湯シャンできないと、かえって髪や頭皮を傷つけてしまうこともありますので、注意が必要です。

まず入浴前は、必ず髪をブラッシングします。こうすることで汚れを落としやすくなります。シャワーで頭皮を濡らすときは34度前後の湯温がよいでしょう。

髪のベタつきが気になる人は少し温度を高くすると落ちやすくなりますが、あまり湯温が高すぎると、必要な皮脂まで取り除いてしまいますので、どんなに高くても40度以下にするように気をつけましょう。

湯シャンを続けることで、皮脂が正常に分泌されて徐々に髪がサラサラになると考えられています。トリートメントやコンディショナーは頭皮のダメージにつながるため使用しません。

頭皮をマッサージするように洗ったら、タオルで丁寧に水分を拭き取ります。ドライヤーの熱風を髪や頭皮にあてるのはダメージにつながりますので、冷風で乾かしましょう。

湯シャンを始めてしばらくは、頭皮が臭うかもしれません。これは皮脂が過剰に分泌されることがきっかけで臭いが発生します。湯シャンで皮脂の分泌が正常になれば、徐々に臭いはしなくなるのだそう。

湯シャンの効果を実感するには時間がかかります。週に数回だけ湯シャンにするなど、無理せずに継続できるように取り組むのがおすすめです。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事