【ヘアメイク長井かおりさんが伝授】肌を10倍きれいに見せるコンシーラーの使い方

【ヘアメイク長井かおりさんが伝授】肌を10倍きれいに見せるコンシーラーの使い方

メイクにまつわる審美眼を持っているヘアメイクアップアーティスト長井かおりさん。失敗メイクの原因をひもとき、解決策を提示します!

のせるほど悪目立ちシミ隠しコンシーラー事件

 近年、多発しているのが“シミやニキビが隠れない”といった、コンシーラーにまつわる深刻なトラブル。「検証したところ、隠れない人はだいたい付属のブラシを使っていることがわかりました。そもそもブラシは、あえて薄くカバーするために作られているので、クマのように広い面を自然に隠すときには有効。でも、小さく点在し、肌から色浮きするシミやニキビは隠せません。一方、指も不向き。のせながらコンシーラーを削ぎ落としてしまうので、なんとか隠そうと重ねる過剰防衛を試みても無意味です。選ぶべきは、スポンジタイプ。手元にないなら綿棒がお役立ち。とにかく“面”で狙い撃ちできて、ちゃんとコンシーラーを定着させられる武器を持ちましょう」

失敗メイクの原因はコレ!

指は、コンシーラーを置くときにこすってしまうので上手くのせられない上、太さもあるので、点状のターゲットを狙い撃ちできない。

ハケのごとく、肌上を“こする”ようにコンシーラーをのせるナイロン筆は、定着させる必要がある点状のアラ隠しには不適合。とくに、使い込んで硬くなり、割れた筆は言語道断。

きちんと定着していないと、そこだけ異質に見える。シミを隠すどころか、肌との境目まで目立って、アラの存在を自白することに。

【解決メイク】アラをなかったことにするツール+秘伝のひとワザで、トラブル解決

コンシーラーはこう使う!

狙った部位にフィットするよう、綿棒の先端を指で押し、つぶした面を肌に垂直にあてて。

つぶした平らな面にコンシーラーを取り、手の甲で軽く叩いて量を調整した後、肌の上に。

使ったのはコレ

日本人に合うイエローベース系。
ブライトアップファンデーション Y1 ¥3500/カバーマーク

ファンデーションはこう使う!

ファンデつきスポンジをカバーした部位に。じゅわっとファンデが出るよう押しあてます。肌となじませるこのテク、狙った一点に圧がかかるよう、スポンジの後方を浮かせて、先端で。

使ったのはコレ

理想のカバー力。
フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア ファンデーション 30ml¥6000/ローラ メルシエ

撮影/向山裕信(vale./人物)、金栄珠(静物) ヘアメイク/長井かおり スタイリング/程野祐子 取材・文/橋本日登美 構成/河津美咲

☆こちらもチェック☆
なぜかアイシャドウがキレイに発色しない……汚いチップに注意!【ヘアメイク長井かおりさんの解決テク】

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連キーワード

関連記事