精神科医に聞く!「うつ病」の症状、抑うつ状態とは?

精神科医に聞く!「うつ病」の症状、抑うつ状態とは?

ストレスが長く続くうちに、次第に気持ちが落ち込み、体にも異変が…。「もしかして、うつっぽい?」と思っても、怖くてなかなか調べられない人も多いものです。精神科医の奥田弘美先生に「うつ病」について教えていただき、心のケアの大切さを学びましょう。
ストレスが引き起こす心の病 奥田弘美先生

うつ病になるときの「抑うつ状態」とは?

「うつ病」は、抑うつ状態と呼ばれる症状が悪化した際に診断されるそうです。誰にでも気分が落ち込むことはありますが、うつ病になる可能性のある抑うつ状態とは、どんな状態なのでしょうか?

「抑うつ状態とは、人間関係や環境の変化などに過度なストレスがかかったことにより、心と体にさまざまな不調が生じた状態です。原因は人によって異なりますが、悲観的になったり、集中力が落ちたり、生きる気力がわかなかったり、喜びを感じられなかったりと精神的な症状が出るほか、不眠、頭痛、腰痛、胃痛などの痛み、動悸や息苦しさ、めまいや耳鳴り、食欲不振など、体にも変調が出てくることがよくあります。

ストレスが強くかかると軽い抑うつ状態を数日間ほど経験する人は多いのですが、これらの症状が強くなって2週間以上毎日続き、かつ重症化して診断基準を満たすようになると『うつ病』と診断されます。特に抑うつ状態の段階では『自分の頑張りが足りないせいだ』と、なんとか自力で治そうとする方が多いのですが、体の病気と同じで早期発見・早期治療の必要がある病気です。日常生活や仕事に影響が出ている状態が継続しているようならば、自己診断せず、専門家の手を借りる必要があります」(奥田先生)

うつ病の症状が出やすいのは、どんな人?

そもそも、抑うつ状態になりやすい人は、どんな人なのでしょうか?

「うつ病になりやすい性格はいくつかのタイプがあります。一般的には『メランコリー親和型性格』といって、献身的、気遣いしすぎる、他人のために自分を抑圧するといった性格の方や、『執着器質』といって真面目、完ぺき主義で頑張りすぎる性格の方が典型的なうつ病になりやすいと言われています。これらはあくまでうつ病のタイプのひとつですし、本人も気づいていない性格が隠れていることもあり、ストレスのかかり方によっても違います。一概に『この性格だから、うつになりやすい』とは言えないでしょう」(奥田先生)

近年では今までとは異なるタイプの「うつ病」も出てきているそうです。

「マスコミでは『新型うつ』と呼ばれ、数年前から話題になっているものですが、正式には『ディスチミア親和型うつ病』『現代型うつ病』というニュータイプがあります。たとえば、従来のうつ病では、「自分が劣っている、自分が悪い」などと自分を責める人が多いのに比べ、新型は自己愛が強く、依存的、他人を責める他罰傾向が強いといった特徴があります。また、ストレス原因となる環境、たとえば会社を一歩出れば元気になることも。ですので、一見すれば今までのうつ病っぽくはないけれど、実はうつの一種であったり、別の障害を抱えたりしている場合もあるので、自己診断は禁物です」(奥田先生)

うつ病の治療法はどんなもの?

うつ病と診断された場合、どのようにして治すのでしょうか?

「目安としては、症状によって日常生活に2週間以上支障が出ているなら、精神科・心療内科のクリニックを訪れましょう。カウンセラーを頼る方も多いのですが、そもそも『現在、カウンセリングが適応できる状態か』は、医師が判断すべき部分です。まずは医師に相談してみてください。

うつ病の場合、薬での治療を怖がる方もいますが、いきなり多量の薬を出すドクターは、現在ではほとんどいません。うつ病の患者さんは、抗うつ剤を飲んだほうが治る確率は高まりますので、通常は軽めの抗うつ剤を1種類から処方されることが多いです。もし睡眠のリズムが乱れている場合は、同時に睡眠薬でリズムを正す必要がありますので睡眠薬も一緒に処方される場合があります。そのほか、症状の程度がひどければ他のお薬が出る場合もありますが、できるだけ薬の数は少なめに出すように心掛けているドクターがほとんどです。少し休めば治ると診断した場合、お薬を出さないこともあれば、漢方などの軽い薬で対処する先生もいます。もちろん、できるだけ薬を飲みたくない場合は正直にそれを伝えてもよいでしょう。

ただ、やみくもに薬や治療を怖がると、症状がこじれたり、治りが遅くなったりします。心の病気も体と同じで、早期発見・早期治療が原則。医師と話し合いながら、適切な治療を受けることをおすすめします」(奥田先生)

治療もコミュニケーションが肝心。ひとりで悩まず、ひとりで治そうとせず、少しでも「なんだか最近おかしいな」と思ったら、医師のもとを訪れてみましょう。そこで病気でなかったとしても、怒られることはありません。体と同じで、気になったときは医師に相談してみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
奥田 弘美 先生
精神科医・精神保健指定医

関連記事