食べたい!抑えられない食欲は耳のあるところを押してみよう

食べたい!抑えられない食欲は耳のあるところを押してみよう

しっかりとご飯を食べているのになんだかお腹がすく…ダイエット中だけどカロリーの高いものを食べたくなってしまった…そんな時には食欲を抑えるツボを押してみるのはいかがでしょうか?ツボを押すタイミングもご紹介いたします。

食欲を抑えられる耳のツボの位置

耳にはたくさんのツボがありますが、消化器系やホルモンバランスに関わるもの、食に関するツボなどがあります。

【食道】消化器系を正常にするツボ
【神門】精神を安定させるツボ
【噴門】胃の働きを正常にするツボ
【胃】胃の感覚を正常にするツボ
【飢点】過剰な食欲を抑制するツボ
【肺】食欲を抑制するツボ
【内分泌】ホルモンのバランスを正常にするツボ

食欲に関するツボは「食道」「噴門」「胃」「飢点」「肺」と小さな耳の中のツボにたくさんあります。
特に「飢点」は飢えを解消するという意味から食欲を抑え、食べすぎを抑制する効果があるとされています。ツボの場所も耳の中心にある三角の軟骨部分と覚えやすいです。そして耳の穴のすぐ横には「胃」のツボがあるので、胃の働きを整えて過食を抑えることが出来るのだそう。耳の穴のすぐ下の「肺」も食欲を抑制することが出来るので、この3点の位置は覚えておくと良いかもしれません。

耳のツボの押し方と押すタイミング

【耳つぼの押し方】
耳は小さいパーツなのにツボも密集しているので、少し押しにくいですよね。押しやすい指を使い、30秒〜3分を目安に押したりトントンと叩いたりしましょう。その際、気持ちが良いと感じる程度で大丈夫です。ツボの位置がわからない場合は押してみて少し痛みがある箇所を押してみてください。最近はキラキラと光るジュエリーのような耳つぼシールも販売されているので、そちらを貼るのも良さそうですね。

【耳つぼを押すタイミング】
食欲を抑制するには食事の15分前が効果的と言われています。夜中にお腹が空いた時はツボを押して15分待ってみましょう。耳のツボはどこでも押せるのでテレビを見ている時、電車や仕事中など押して過剰な食欲を抑えるのも良いかもしれません。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事