女性ホルモンの分泌を促す食べ物まとめ! 毎日続けられるお手軽な方法

女性ホルモンの分泌を促す食べ物まとめ! 毎日続けられるお手軽な方法

女性ホルモンは男女ともに大切なもの。増やし方やバランスを整える方法、レシピやツボの情報をまとめて紹介します。豆乳などの飲み物や食事で内側からバランスを整えましょう。女性ホルモンを増やすとどうなるのか、エストロゲンの分泌方法の仕組みから学んで行きましょう。

女性ホルモンといえばエストロゲン。その分泌方法とは

美容にも体調にも影響を及ぼす女性ホルモンのバランス。「女性のホルモンのバランス」というのはエストロゲンとプロゲステロン2つのホルモンがバランスよく分泌されている状態のことを指しています。

女性ホルモンのバランスはとても繊細で、ストレスや疲労により心身に負担がかかると崩れてしまうこともあるのです。なぜなら女性ホルモンは視床下部と下垂体が分泌の指令を出しているため、心の影響を受けやすい視床下部にストレスが加わることで、分泌量が変わってしまうのだとか。
また、過度なダイエットによる栄養不足も女性ホルモンバランスが乱れる原因となります。心身ともにバランスをとることは、女性ホルモンのバランスを整えることとつながりが深いといえるでしょう。

それでは、女性のホルモンのバランスに関係深い2つのホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の働きについて簡単に解説します。

エストロゲンの働き

女性ホルモンといえばエストロゲンを連想する方も多いのではないでしょうか。女性らしい体つきやお肌の調子だけでなく、妊娠するために子宮内膜を厚くしているのもエストロゲンの働きです。身体面だけでなく、感情のコントロールや自律神経にまで影響を及ぼすエストロゲンは、排卵前に分泌量のピークを迎えます。エストロゲンはお肌の調子にもかかわってくる美容にも重要なホルモンです。

プロゲステロンの働き

排卵の後は次の生理までの間プロゲステロンの分泌が盛んになっていきます。プロゲステロンには体内の水分量を保ち、食欲を増進させる働きがあります。また、着床しやすくしているのもプロゲステロンです。さらに妊娠を継続させる働きもあるため、健康な妊娠を維持するにも、必要不可欠なホルモンなのです。

男性も効果実感!?女性ホルモンを増やすとどうなる?

「女性のホルモン」は女性の妊娠や出産を司る重要なホルモンです。女性のホルモンのバランスは心身に影響したりと女性の健やかな生活に欠かせないホルモンなのです。しかし、女性ホルモンが大切なのは女性だけではありません。男性も、女性ホルモンの分泌が増えることで効果を実感できると言われており、男女問わず不可欠な女性ホルモンの効果についてみていきましょう。女性ホルモンを増やす方法を知りたくなってしまいますね!

肌トラブル軽減

女性ホルモンの減少は肌トラブルの原因の一つです。女性ホルモンが減少し男性ホルモンが優位になると、肌荒れやニキビができてしまうことも。女性ホルモンの1種のプロゲステロンの分泌が過剰になってしまっても肌荒れや吹き出物、さらにはむくみが現れる場合があります。女性ホルモンのバランスを整えることは、お肌のバランスを整えることにもつながると考えられます。

月経前症候群が軽くなる

排卵後から生理前まではプロゲステロンの分泌が多くなります。プロゲステロンは分泌量によっては、頭痛や腰痛、肩こりなどを引き起こす可能性があるのです。さらに生理前のイライラや集中力低下が起こることもあります。体調不良や精神の不調など人によって症状はさまざまです。女性にとって憂鬱になりがちな時期ですが、ホルモンのバランスを整えることで症状の軽減が期待されます。

妊活

子宮内膜を厚くする働きをするエストロゲンに、受精卵の着床をしやすくするプロゲステロン。女性ホルモンのバランスを整えることは妊娠しやすい体作りにつながると言われています。また、プロゲステロンには妊娠を維持する働きもあるため、健康な妊娠を維持するために大切なホルモンなのです。

女性ホルモンの増やし方。食べ物と栄養素をご紹介

体の基本はまず食事から。バランスの良い食事をすることで、女性ホルモンのバランスを整えることが期待できます。では、女性ホルモンの分泌量を増やすことに効果的だと言われる食材はどのようなものがあるのでしょうか。身近で簡単に取れる食材を紹介してきます。毎日の食事に取り入れて、女性ホルモン分泌量を増やしていきましょう。

大豆製品

大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は体内で女性ホルモンと同様のはたらきをすると言われています。豆腐や納豆など大豆加工品は安価で消化にも良く、お腹にも優しい食品です。低カロリーで高たんぱくなので、ダイエット中でも安心して食べることができます。

マグロ・カツオ

マグロやカツオなどに多く含まれるビタミンB6は、エストロゲンにはたらきかけ、女性ホルモンのバランスを整えるという働きをもっています。また、たんぱく質は女性ホルモンの材料にもなるため、女性ホルモンを増やすにはぜひ摂取したい食品です。

ビタミンEが豊富なナッツ類やかぼちゃ

ナッツ類に多く含まれているビタミンEは、卵巣や脳下垂体に直接作用し、女性ホルモンのバランスをととのえる効果があると言われています。ビタミンEは抗酸化作用も期待できるので、アンチエイジングにも効果を期待できます。

アボカド

アボカドにはマグネシウム、ビタミンE、ビタミンB、葉酸、食物繊維、カリウムなどホルモンのバランスを維持するために重要な成分が豊富に含まれています。半分に切ってスプーンですくってそのまま食べることもできるので、お手軽に必要な成分をとることができるのも嬉しいですね。

良質な油

女性ホルモンの材料となっているのはタンパク質とコレステロールです。油を食事でとることで体内でコレステロールに変化し、これが女性ホルモンの材料となるのです。
ダイエットをしている方にとって油はカロリーが気になるかもしれませんが、程よく摂取することは女性ホルモンを増やすこと、また美容にも健康にも効果的だと言われています。クルミなどのナッツ類や卵、オリーブオイルなどから良質な油を摂取することを心がけましょう。

また、バターはホルモンを作るために必要な脂溶性ビタミンを豊富に含んでおり栄養もたっぷり。フライパンに敷く油の代わりにすれば栄養価アップが期待できます。

女性ホルモンのバランスを乱す食べ物には要注意

女性ホルモンのバランスはとっても繊細で、普段の生活習慣で簡単に乱れてしまうこともあります。特に毎日の食事には気を付けたいところです。バランスを乱す食べ物とはいえ、知っていれば上手に付き合うことができるはず。毎日少しずつ意識をして女性ホルモンのバランスを整えましょう。

ダイエット

ダイエットによる栄養不足は女性ホルモンのバランスを乱してしまう恐れがあります。特に女性ホルモンの材料となるたんぱく質や脂質が不足すると女性ホルモンの調節がうまくいかなくなってしまうことも。女性ホルモンのバランスが崩れると食欲のコントロールがうまくできなくなることもあります。「ダイエットはきれいになるためにしてること」と心に刻み、無理な減量は避け栄養はしっかり摂ることを心がけましょう!

インスタント食品

化学調味料の多いインスタント食品は、取り過ぎると体内で必要なミネラル分を奪いミネラル不足となる恐れがあります。しかし忙しくて疲れているとき、インスタント食品は食生活の強い味方でもあります。一品サラダを付け加えたり、休日に作り置きの常備菜を作ったりして取り過ぎには注意し、うまく付き合いましょう。

冷たいものの取りすぎ

お風呂上がりの冷たい飲み物やアイスクリームはとってもおいしく感じます。日々頑張っている自分へのご褒美であり至福の時間ですね。しかし、冷たいものの取り過ぎには要注意です。
体を冷やすと自律神経の働きに支障をきたすことがあり、このためホルモンバランスを崩しやすくなってしまうのです。冷たいものもいいですが、たまにはちょっと趣向を変えて暖かいお茶をゆったりと楽しみましょう。

食べ物で女性ホルモン分泌量アップの簡単レシピ

女性ホルモンのバランスをとるには、栄養をしっかり取ることは不可欠です。忙しい毎日を送っている方にとっては自炊が少し面倒に感じるかもしれません。しかし、女性ホルモン分泌を促すためのひと手間なら、時間をかける価値はあると思えるのではないでしょうか?!いつもの食事に一品加えるだけで栄養価がぐっと高まります。女性ホルモン分泌を助ける食材をふんだんに使った、美容にも効果が期待できるオススメ簡単レシピをご紹介します。

豆腐とトマトのカプレーゼ風

絹豆腐とトマトを1cmくらいにスライスして交互に並べ、塩コショウとオリーブオイルをかけて出来上がりです。女性ホルモンの同様のはたらきがあるとされるイソフラボンと、トマトのビタミンを一気に摂取できる美容と健康のいいとこどりの簡単レシピです。ただ切って並べるだけなのに、お洒落で驚くほど美味しい一品です。口当たりもさっぱりとして、食欲がない時でもぺろりと食べることができます。オリーブオイルをお好みのドレッシングに変えてもGoodです。

マグロとアボカドのわさびじょうゆ和え

マグロとアボカドを角切りにして、わさび醤油で和えるだけ。良質なたんぱく質と、ホルモンバランスを整える効果が期待できるビタミン類を一気に摂取できる嬉しいレシピです。切ったアボカドの皮を器にすれば、まるでお店のメニューのような華やかな外見になります。見た目にも楽しくて、しかも作るのは簡単なこのレシピは心も元気にしてくれます。旬の時期はマグロをカツオに変えるのもおすすめです。

かぼちゃの煮付け

かぼちゃをお醤油とみりんで煮込むだけの昔懐かしい簡単料理です。休日にまとめて作っておけば常備菜としても大活躍です。毎日の食事で冷蔵庫から出して盛り付けるだけ、野菜料理が一品増えると毎日の食事が彩られますね。かぼちゃに多く含まれるビタミンEは若返りビタミンとも呼ばれています。毎日摂取して綺麗を保ちましょう!

飲み物で女性ホルモン減少対策。毎日の豆乳摂取は強い味方

女性ホルモンのバランスは1か月間を通して変化しているため、日々の生活習慣が重要となってきます。それでも、毎日の食事に気を遣うのは難しい…そんな方にぴったりなのは飲み物である豆乳。新しい食習慣に豆乳を加えてみてはいかがでしょう?
豆乳は飲み物であることから手軽に取りやすく、毎日負担なく続けることでストレスフリーに女性ホルモンのバランスを整えましょう。

飲み物なら忙しくてもさっとイソフラボンを摂取できる

忙しいと日々の料理はおっくうになりがち。しかし豆乳ならコップに注いで飲むだけ、忙しい時でも飲み物として簡単にイソフラボンを摂取することができます。時間がない時は食生活が乱れがちですが、豆乳を飲む習慣で美容力アップしましょう。

ホルモンバランス力を付けるには毎日の習慣が大切

朝食の飲み物を豆乳に変えてみたり、寝る前の飲み物にホットミルクではなくホット豆乳に変えてみたりと、日々の習慣を少し変えるだけで簡単に摂取することができます。手間もかからず生活を変えなくてもイソフラボンを摂取できるのが嬉しいですね。

様々なフレーバーで飽きずに続けることができる

無調整豆乳に始まり、飲みやすい調整豆乳、それだけにとどまらずコーヒー味やアーモンド、バナナなど豊富なフレーバーがある豆乳。さらには季節もので桜のフレーバーも。飲み物として毎日楽しんで続けることができます。

食べ物だけじゃない!女性ホルモンのバランスを整えるツボ

女性ホルモンのバランスを整えるのは食事だけではありません。ちょっとした隙間時間を利用したツボ押しでさらに女性ホルモンの分泌を活性化させましょう。
毎日のバスタイム、湯舟でリラックスしながらのツボ刺激で疲れをとりながら女性ホルモンの分泌で心も体もリフレッシュです。また、ちょっとした移動時間にツボを押せば時間を有効活用しながら美容力アップを期待できます。ぜひ習慣づけて毎日行いましょう。

壇中(だんちゅう)

左右のバストの中間にあるツボです。女性ホルモンの分泌を活性化させる効果が期待できます。バストにハリが出てくることもあるようです。

中院(ちゅうかん)

おへそとみぞおちの中間にあるツボです。こちらも女性ホルモンの分泌を活性化させるツボで、バストのボリュームアップを期待できるツボなのです。

渕腋(えんえき)

バストから約10cm外側の脇の下にあるツボです。このツボは血行を良くする効果があるとされ、必要な栄養をいきわたらせることが期待できます。

合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の境目のくぼみにあるツボです。新陳代謝を活性化させるので、美肌にも効果が期待できます。人目につくところでも違和感なく押せるので、移動中などちょっとした時間におすすめです。

毎日の食べ物で楽しく女性ホルモン分泌量アップ

女性ホルモンのバランスを味方につけて、いつまでも若く美しく

女性ホルモンはバランスが崩れてしまうと生理トラブルの原因となることもあります。しかし、綺麗な肌や髪の毛を保つのもまた女性ホルモンなのです。いつまでも若く美しくあるためには女性ホルモンのバランスを整えることは必要不可欠です。日々の生活習慣を見直して、女性ホルモンバランスを整えましょう。

毎日続けて、健康で美しく

美しさは1日にしてならず、女性ホルモンのバランスを整えるには毎日継続して続けることが大切です。ストレスも女性ホルモンのバランスを乱す要因の1つとなります。女性ホルモンのバランスを整えることがとプレッシャーになり、ストレスになってしまったら本末転倒です。まずは無理せず続けることができる食習慣から始めて、楽しみながらホルモン活動を続けましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事