エリカ・アンギャル  ビューティフード図鑑 ストレス過多の現代人にピッタリの発芽玄米

エリカ・アンギャル  ビューティフード図鑑 ストレス過多の現代人にピッタリの発芽玄米

世界の美女たちを導き、栄養コンサルタントとして活躍中のエリカ・アンギャルさん。体の内側から美しくなる食生活やライフスタイルを指南している彼女に、...

世界の美女たちを導き、栄養コンサルタントとして活躍中のエリカ・アンギャルさん。体の内側から美しくなる食生活やライフスタイルを指南している彼女に、毎月、キレイを育むビューティ食材を取材します。  

栄養素を豊富に含む「玄米」の進化版”発芽玄米”は海外で話題に

「玄米」自体には、マンガン、セレン、銅、マグネシウム、B3といった栄養を豊富に含むスーパーフードですが、海外でさらに注目を集めているのが「発芽玄米」です。その名のとおり、玄米を発芽させたもので、炭水化物、たんぱく質、脂質など栄養素、カロリーは玄米とほぼ同じなのに、発芽の過程で栄養成分の数値が変化。GABA(ギャバ)、マグネシウム、フェルラ酸、ポリフェノールの一種であるオリザノールなどの栄養価が格段に高くなります。特に血糖値をコントロールしたり、ストレスを軽減させるといわれるGABA(アミノ酸)の数値は玄米の約3倍、白米の約10倍だそう。そのため、別名“GABAライス”と呼ばれることも。自宅で作る際は、玄米を30~40℃のぬるま湯に4~20時間程度浸すことをおすすめします。発芽によりたんぱく質が分解されて、アミノ酸の旨み成分がアップ。玄米よりも柔らかく食べやすいのも特長です。

クセになる、プチッモチッと感! 発芽玄米入りチーズリゾット

白米の代わりに発芽玄米でチーズリゾットを。 鳥ガラスープの素を入れて、発芽玄米の芯が残るくらいまでじっくり火を通し、味を含ませます。そのあと舞茸も入れて再度、火を加え、仕上げにイタリアンパセリとパ ルメザンチーズをプラス。最後に荒挽きこしょうを加えれば、味に奥行きがでます。

食感ユニークなひじき煮と一緒に食せば体内クレンジングも

ひじきと人参、醤油とみりんのシンプルな煮物に、オリーブオイルで炒めた発芽玄米を加えるだけ。体にいいのはもちろん、見た目も食感も楽しい一品が完成。

関連キーワード

関連記事