知っておきたい!肌の調子で泡立て方を変える大人肌の洗顔方法

知っておきたい!肌の調子で泡立て方を変える大人肌の洗顔方法

毎日欠かせない洗顔ですが、大人の肌は皮脂分泌がだんだん低下していくため、洗いすぎると乾燥してしまいます。この記事では、ごわつきやくすみを取り除きながら、潤いをしっかりキープする洗顔方法をご紹介していきます。

大人肌は正しい洗顔で潤いを保つことがポイント!

混合肌や脂性肌の方は、皮脂分泌が気になって洗顔をたくさんしたくなりますが、洗いすぎると乾燥を招いてかえって皮脂が過剰に分泌されてしまいます。かといって洗顔をせずにいると、汗や皮脂に空気中の埃や汚れがついて酸化し、あらゆる肌トラブルを引き起こしやすくなるため、洗顔は必須。

洗顔料を選ぶ際は、保湿成分や美容成分がたっぷり含まれたものや洗浄力がマイルドなもの選び、洗顔をしてみて必要な皮脂まで取り過ぎていないか見極めることが大切です。洗顔後にツッパリ感がある場合は、必要な皮脂まで洗い流している可能性があるのでなるべく避けた方がいいでしょう。

洗顔料を泡立てるメリット・正しい洗い方とは?

時間がないときやスキンケアをささっと済ませたいときは、洗顔料を泡立てるのが面倒に感じてしまいますよね。ですが、洗顔料を泡立てることで、汚れを吸着して取り除く・肌との摩擦を防ぐことができます。

毛穴の奥の汚れは手のひらで洗っても落としきれません。洗顔料に含まれる洗浄成分ともこもこの泡が汚れを吸着させて包み込み洗い流してくれるのです。

そして、ゴシゴシ洗うと肌に摩擦が加わりシミなどができる可能性があるため、洗顔をする際はたっぷりの泡を立ててクッション代わりにし、肌との摩擦を軽減して洗ってあげましょう。

洗顔の基本はこすらず、やさしく丁寧に洗うこと。肌のごわつきやざらつき、毛穴の詰まりや汚れが気になる部分は、少し力を入れた指先の腹でくるくる泡を転がすイメージで洗ってくださいね。

敏感肌や乾燥肌、肌の調子があまり良くないときは、たっぷりの泡を使うと汚れを取りすぎてしまう場合があるので、ぬるま湯を多めに加えていつもよりゆるめの泡で洗っていきましょう。ぬるま湯を多めに入れることで、洗顔料の洗浄成分がマイルドになり、乾燥を軽減できるとも言われていますよ。ゆるすぎると肌に摩擦が加わってしまうため、ソフトクリームがとろけたようななめらかな泡を作ることも大切です。

肌の調子に合わせた洗顔でなめらかな肌に

大人の肌を労わりながら洗顔をするには、洗浄成分がマイルドなものや保湿成分や美容成分がたくさん含まれたものを選ぶことが基本です。

汚れや毛穴のつまりを解消したいときにはたっぷりの泡を立てて洗い、肌が敏感なときや乾燥しているときにはゆるめの泡で優しく洗って、健やかな肌をキープしてみてはいかがでしょうか。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事