ドライアイの原因は?深刻になる前に今からしておきたい対策とは

ドライアイの原因は?深刻になる前に今からしておきたい対策とは

乾燥する季節は特にドライアイに悩む方が増えてくるそうです。ドライアイになると、目を開けているのも辛く、長時間パソコンやスマートフォンを見るのも一苦労…。なぜドライアイになってしまうのでしょうか?対策もあわせてご紹介していきます。

そもそもドライアイになってしまう原因ってなに?

ドライアイの最大の原因は、「涙の異常」だと言われています。パソコンやスマートフォン、テレビなどを長時間集中して見ていると瞬きの回数が激減することで目が乾きやすくなり、暖房や冷房、空気の乾燥などもドライアイの一因です。

そのほかにも、コンタクトレンズを長時間装用していたり、食生活の乱れや睡眠不足などが続いたりすることもドライアイになりやすい原因に…。また、リラックスしているときに働く副交感神経が涙の分泌を支配するため、緊張してこわばっていると、副交感神経よりも交感神経が優先され、涙の分泌が減少してしまうとも言われています。

ドライアイを改善するためにできる日頃のケア

辛いドライアイを深刻化させないためにも、ドライアイを放置しておくのではなく早めのケアが必要です。まず、瞬きをたくさんする習慣をつけましょう。パソコンに向かって長時間集中して画面を見つめていると、つい目を開き続けてしまい瞬きの回数が減少してしまいます。1時間に1回はパソコンやスマートフォンから離れて目を休ませてあげましょう。

そして、乾燥しない空間づくりもポイントです。乾燥した部屋は肌やボディの乾燥を招くだけではなく、ドライアイを深刻にしてしまう可能性があるため、加湿器や濡らしたバスタオルを部屋に置いて湿度を保ちましょう。

また、アイメイクをする際に目の淵のマイボーム腺までアイライナーを引くと脂腺が埋まってドライアイになってしまう場合があるので、目の粘膜にはメイクを施さないように気をつけてくださいね。

コンタクトレンズを使っている方は、なるべく長時間の装用を避け、ドライアイ用の目薬をこまめに差してあげましょう。帰宅したらすぐにコンタクトを外し、メガネにすることをおすすめします。

日頃のケアで辛いドライアイを予防しよう

就寝前に電気を消して暗い状態でスマートフォンやパソコンを見ていると、画面を凝視しやすくなり瞬きの回数が減ってしまうため、明るいところで見るように心がけてくださいね。ドライアイが深刻化する前に日頃からケアをしてあげましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事