妊娠中の貧血に要注意!鉄分補給で胎児を栄養不足から守ろう!

妊娠中の貧血に要注意!鉄分補給で胎児を栄養不足から守ろう!

妊娠している人の多くが悩まされる貧血。頭痛や疲れやすさなど、これらは鉄分不足による影響です。妊娠中の貧血は胎児へ影響を与えることがあるため、早めに対処する必要があります。自覚症状がない人も多いため、自身の健康状態をしっかり見ておきましょう。

自覚症状ある?妊娠中の貧血の原因とは?

妊娠すると貧血になりやすい状態が続きます。これは胎児の分まで血液を作り出さなければならないため、妊娠前よりも貧血になりやすい、というのは想像に難しくないと思います。

もともと女性は、生理などによって男性よりも貧血になりやすいのですが、妊婦のおよそ40%が貧血だとも言われています。

鉄分が不足すると血流が悪くなるため、大切な栄養や酸素が胎児に行き届きにくくなることがあります。未熟児や低体重児、発育の遅れなどのリスクを伴うため、鉄分不足は早めに解消させる必要があります。

鉄分不足の症状としては、頻繁に起こる頭痛、めまい、疲れやすさ、手先や足先が冷える、動機や息切れがある、などさまざまです。

また、「太った」という人も要注意です。鉄分不足の自覚症状がない人はこのケースが多いのだとか。脂肪の代謝には血液中の酸素が必要です。鉄分が足りない場合はこの酸素が足りていません。基礎代謝が十分に機能せず太ってしまうのだそう。

妊娠中後期に必要な鉄分は2倍?貧血には特に注意!

妊娠中期〜後期になると、無性に氷を食べたくなる「氷食症」という症状が現れる人がいます。栄養素のない氷を食べたくなる理由ははっきりとわかっていないのですが、鉄欠乏性貧血などの鉄分不足が原因ではないかと考えられています。

またこの頃は、妊娠前のおよそ2倍もの鉄分が必要と言われていて、特に鉄分不足には気をつけなければいけない時期なのです。食事だけで摂取することはとても難しいので、サプリメントを併用して補うようにしましょう。

産後の授乳トラブルなどを引き起こすことも考えられますので、しっかり鉄分不足を予防をして、症状が出てしまったら早めに改善するようにしていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事