ストレスは美肌の大敵! 脳を疲れさせないおすすめの習慣とは?

ストレスは美肌の大敵! 脳を疲れさせないおすすめの習慣とは?

私たちの暮らしにはストレスを感じやすい出来事が潜みがちですが、あまり溜め込んでしまうと美容にも悪い影響を及ぼしてしまうため、少しでも避けていきたいものですよね。ちょっとした心がけでストレスに負けない強い体質になれると言われているんです!

脳を疲れさせない3つの習慣について

ストレス解消法としてショッピングや入浴、アルコールなど様々な方法がありますが、ストレスを事前に溜めないという心がけも大切であると言われています。「あの時何で出来なかったんだろう?」「また同じ失敗をするかもしれない!」など、心の動きが続いていると脳は常時マイナスモードになり何をしても疲れやすくなってしまうとか。それでは一体どのようにすれば悲しいことや辛いこととも上手く付き合っていけるのでしょうか?

1.【失敗こそ意味があると考える】ピンチをチャンスに変えるには、自分自身の受け止めかたが大切と言われています。例えば、乗る予定だった電車の時刻に遅れた場合、この後きっと何か良いことが起きるんだ!と考えるようにしましょう。マイナスな方向に切り替えてしまうと「電車に乗り遅れたからこの後走らなきゃいけない、最悪!」とイライラしてしまいストレスを溜め込む原因になりやすいです。

2.【完璧主義をやめること】相手の意見が自分と違った場合「わたしはそうじゃない!」「もっとこうするべきだ」など心や体が緊張してしまうような言葉を頭の中に並べてしまうのはあまりおすすめできません。どんなに違う意見だとしても「まあいっか」「なるようになるさ」と一旦相手を受け入れるようにしましょう。ふっと力を抜くことで今まで気づかなかった大切なことが見えてきたり、冷静に物事を判断しやすくなります。

3.【肯定的な言葉を積極的に使う】毎日生活する中で誰と一番会話しているかというとやはり自分自身です。まずは自分自身と対話するような気持ちで違和感がなく、美しい言葉を使うよう心がけましょう。例えば、「もうだめだ」とネガティブな言葉が浮かんでしまったら「きっと大丈夫!」と肯定的な言葉を10回以上繰り返すようにしましょう。この習慣を毎日続けることで自然とポジティブ思考に変化し、脳が疲れにくくなるでしょう。

<POINT>
どうしてもネガティブな言葉が頭に浮かんでしまう場合は、自分が不満に思っていることをノートに一旦書き出すのもおすすめです。そうすることで負の感情は薄れ、心の安定を保つことに繋がると言われています。

筋肉をほぐすことで脳の疲れも癒されるって本当?

筋肉と脳は神経で直接繋がっているため、ストレスを緩和するには心のケアだけでなくストレッチにより筋肉の緊張をほぐすこと大切と言われています。なかでも脳に一番近い場所にある顔のストレッチ方法についてご紹介します。

<脳の疲れを癒す表情筋ストレッチのやり方>
1.目をしっかり開け、眉毛をぐっと上に引き上げましょう。
2.一気にストンと元の位置に落とします。
3.1〜2の動きを10回ほど繰り返しましょう。

いかがでしたか?受け止めかた次第で目の前の景色が180度変わると言っても過言ではありません。ストレスフリーな毎日を送れば、美容・健康に繋がることはもちろん、恋愛や仕事まで全てのことに良い影響をもたらしてくれるはず。ご興味がある女性は是非参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事