”どんより気味”な雨の日の不調を取り除くおすすめの過ごし方

”どんより気味”な雨の日の不調を取り除くおすすめの過ごし方

雨の日はなんとなく調子が出ない・気分が憂鬱などの不調を感じてしまう方も多いのではないでしょうか?雨の日特有の気候の変化に応じて自分を「雨の日モード」にしてあげることでやる気を高め、美肌を維持することにも繋がると言われているんです!

雨の日の不調の原因は何?

雨の日の不調の主な原因は、低気圧が関係していると言われています。雨が降ると低気圧により血管やリンパ管の膨張を引き起こし、頭痛・だるさ・耳鳴りなどの症状が出始め、体も心も重たくなりやすいです。また、耳の奥にある「内耳」が低気圧を感じると副交感神経が優位になり、リラックスモードに切り替えるよう働きかけるそうです。そのため、雨の日に無理をしようとすると、いつもより疲れやすくなりますが、心や体のバランスを維持するためにもちょっとした工夫を取り入れながら、交感神経を適度に刺激することが重要であると言われています。

<雨の日の不調を取り除くおすすめの過ごし方>
1.【熱いシャワーにさっと浴びる】42〜45度前後の熱いシャワーを浴びることでスムーズに交感神経が優位になり、体が「活動モード」に切り替わりやすくなります。雨の日に限らず、ここぞというイベントがある日の朝は少し早起きしてシャワーを浴びると良いでしょう。

2.【カフェインを多めに摂る】雨の日に頭痛やだるさなどの不調を起こした際は、血管収縮作用の高いカフェインを摂取することをおすすめします。カフェインというとコーヒーですが、コーヒーが苦手な場合は玉露茶などにもカフェインが豊富に含まれているので試してみましょう。

雨の日に日頃の疲れをリセットする方法

雨の日は不調を感じやすい一方、副交感神経が優位になることで傷ついた細胞を修復する働きがあるため、日頃の疲れを解消したり、上手にリラックスして過ごすことができたりすれば翌朝の肌の調子が向上すると言われています。

<雨の日に日頃の疲れをリセットする方法>
1.【ゆったりと食事を摂る】副交感神経が優位な休息モードの日は、ゆったりと落ち着いた雰囲気で食事を取るようにしましょう。例えば、照明の明るさをいつもより落とし、暖色系のものを使用するとリラックス効果を高めるだけでなく消化もスムーズに行われやすくなります。

2.【スケジュールにゆとりをもつ】雨の日はスケジュールをあまり詰め込まないようにしましょう。いつもより30分でも早めに帰るようにし、帰宅後は38〜40度のぬるま湯でゆったり入浴すると尚良いですね。また、副交感神経が優位になっている雨の日に長時間運動をしてしまうと睡眠障害を引き起こす可能性がありますので、夕方以降の運動は出来るだけ控えるようにしましょう。

いかがでしたか?普段雨の日の不調に悩まされている女性は是非参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事