【インナービューティー術】しみを薄くする食材の選び方について

【インナービューティー術】しみを薄くする食材の選び方について

しみ対策というと美白コスメなどを使って外側からのケアを重要視してしまいがちですが、食事による内側のケアも大切と言われています。しみの予防・改善に期待できる食材について学び、ワンランク上の美肌作りを目指していきましょう!

しみを薄くする食材・栄養素の正しい選び方

しみを薄くするには一体どのような栄養素を摂取していけば良いのでしょうか?具体的に一つずつチェックしていきたいと思います。

【ビタミンC】高い抗酸化作用があることから、しみの原因となる活性酸素を除去する効果に期待できるほか、メラニンの生成を抑制する働きがあると言われています。 
◎ビタミンCを豊富に含む食材:赤ピーマン・イチゴ・アセロラ

【ビタミンB2】新陳代謝を正常に整え、メラニンの排出をサポートする役割があることから、しみを薄くする効果に期待できます。
◎ビタミンB2を豊富に含む食材:豚レバー・牛レバー

【アスタキサンチン】肌のダメージを修復しメラニンを抑制する作用を持つ抗酸化成分と言われています。
◎アスタキサンチンを豊富に含む食材:鮭・いくら

【エラグ酸】抗酸化作用が高いポリフェノールの一種で肌の老化を遅らせる働きと同時に、美白効果にも期待できます。
◎エラグ酸を豊富に含む食材:くるみ・ざくろ・ベリー

<POINT>美肌の代名詞とも言えるビタミンCですが、水溶性なので体外に排出されやすいという特徴があります。サプリメントなども活用しながらできるだけ朝・昼・晩とこまめに補うよう心がけましょう。

しみの予防・改善効果に期待できるおすすめのレシピ 〜サーモンときのこの押し麦ドリア〜

しみを薄くする効果に期待できる栄養素、ビタミンC(赤ピーマン)・ビタミンB1(押し麦)・アスタキサンチン(サーモン)・エラグ酸(くるみ)を贅沢に取り入れたおすすめのレシピ「サーモンときのこの押し麦ドリア」の作り方です。

【材料】
・サーモンの切り身 150g
・エリンギ 1/2本
・赤ピーマン 1/4個
・玉ねぎ 1/6個
・押し麦 50g
・白米 100g
・コンソメ 1/2個
・マジックソルト 適量
・オリーブオイル 適量
・豆乳 200cc
・小麦粉 大さじ1
・バター 大さじ1/2
・塩胡椒 適量
・くるみ 5〜6個
・パン粉 大さじ1
・乾燥パセリ 少量

【作り方】
1.サーモンは一口大、エリンギ・赤ピーマンは太めの千切り、玉ねぎは薄切りにします。
2.白米と押し麦を炊飯器に入れ、水を張ったらコンソメと適量のマジックソルトを加えてスイッチを押します。
3.2のご飯が炊き上がったらオリーブオイルを加えてしっかり混ぜ合わせましょう。
4.フライパンにバターをひき、小麦粉を炒めていきます。
5.小麦粉とバターがまとまってきたら豆乳を加えてしっかり混ぜ合わせていきます。好みのかたさになったら塩胡椒で味を整えましょう。
6.5とは別のフライパンにオリーブオイルをひき、サーモン・エリンギ・玉ねぎを炒めていきます。火が通ったら5のホワイトソースに加えて5分程煮込んでいきましょう。
7.くるみをすり鉢などで細かく砕き、パン粉と乾燥パセリと混ぜ合わせておきます。
8.耐熱容器に3のご飯→6のホワイトソースの順番にのせ、7を上からふりかけます。
9.オーブンもしくはトースターで8〜10分程加熱して完成です。

いかがでしたか?しみに悩まされている女性は是非参考にしてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事