まつ毛が生えてこない原因は何!? やってはいけないNG行為とは?

まつ毛が生えてこない原因は何!? やってはいけないNG行為とは?

長くボリュームのあるまつ毛は、「美人顔」に見せるための大切な要素と言われています。ただ非常にデリケートな分、まつ毛の抜け毛に悩まされている女性も多いのではないでしょうか?美しいまつ毛をキープするべく、NG行為や習慣について学んでいきましょう!

まつ毛にダメージを与えるNG行為とは?

抜け毛の原因になる可能性が高い、まつげにダメージを与えるNG行為についてピックアップしていきたいと思います。

1.【濃いアイメイク】マスカラを必要以上に重ね塗りしたり、つけまつげなどの濃いアイメイクはまつ毛の毛根に大きなダメージを与えやすいです。

2.【ホットビューラーの使用】ホットビューラーを使用することでまつげのカールを長時間キープできますが、水分が奪われるため抜け毛が増える原因になると言われています。

3.【まつげエクステ】まつげエクステに使われる接着剤は化学物質を含みますので、まつげに大きなダメージを与えていると言われています。

まつ毛も腕や脇などの体毛と同じように、毛周期(生え変わる周期)があると言われています。まつ毛はおよそ3〜5ヶ月程で生え変わりますが、その間にダメージを与え続けていると生えている間にどんどん抜けてしまい、最終的にはスカスカになってしまう可能性もあるそうです。メイクを全くしないというのは難しいと思いますが、ボリュームのあるまつ毛を維持するためにも「ここぞ」という時以外は出来るだけナチュラルメイクにすることをおすすめします。

まつ毛をスムーズに伸ばすおすすめのお手入れ方法

「スカスカまつ毛」を防ぐには、上手なお手入れ方法を知っておくことが重要なポイントです。

【まつ毛美容液を活用】まつ毛専用美容液にはまつ毛を太く、強くする成分が含まれているため、継続的に使用することで生え変わるサイクルを早めたり、ツヤを出すなどの効果に期待できます。具体的な成分としては、血行促進作用があるオタネニンジンエキスや育毛をサポートするアセチルデカペプチド-3などがおすすめです。

【アイリムーバーでメイクオフ】クレンジングをしても洗い残しがあると抜け毛をはじめ、色素沈着やくまの原因になりやすいです。アイメイクを落とす際は専用のリムーバーをコットンに含ませ、力を入れずに優しくふき取るようにしましょう。

マツエク・つけまつ毛などよかれと思って実践している習慣が思わぬダメージを受けていると言われています。まつ毛が抜ける原因となるNG行為は出来るだけ避けるようにし、誰もが憧れるすっぴん美人を目指していきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事