乾燥に悩んでいる人は使ってみて!30年の歴史を持つソンバーユの魅力

乾燥に悩んでいる人は使ってみて!30年の歴史を持つソンバーユの魅力

昔から薬局に置いてある馬の絵が描かれている「ソンバーユ」。1988年から発売されているので、なんと30年の歴史を持つオイルです。身体中に使え、乾燥肌対策や美肌効果を得られると評判。まだ使ったことがない人はチェックしておきたいアイテムですね。

乾燥肌対策に万能なソンバーユの主な効能

ソンバーユは馬油100%、無添加・無香料で赤ちゃんでも安心して使えるんだそう。肌、口、髪、爪など全身に使うことができます。主な効能は肌の乾燥を防ぎ、キメを整え、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐと言われています。髪の毛につけると枝毛や帯電を防げ、フケ・カユミを抑えることもできるんだとか。

しかも馬油はただ表面をコーティングするオイルではなく、肌の内部まで成分が浸透して表皮表面に油分が残らないというのも嬉しいポイントです。

多岐にわたるソンバーユ美容法とは?

【顔の保湿】
洗顔後、ソンバーユを小豆の粒程取り、手のひらで広げて顔を抑えるように保湿。ソンバーユだけでは乾燥が気になる方は、先に化粧水をつけてその後ソンバーユでもOKです。
ソンバーユをブースターとして使うことも可能。ソンバーユ→化粧水→乳液とつけることでソンバーユの浸透力で化粧水を一緒に肌の内側へ導いてくれるんだとか。

【クレンジング剤として】
ソンバーユを多めに取り、両手でなじませながらメイクを浮かせます。ティッシュなどで拭き取った後にいつもの洗顔料で洗います。

【馬油パック】
洗顔後、ソンバーユを多めに顔に塗り10分放置後にティッシュで拭き取りいつもの洗顔料で洗います。入浴中に行うとより効果があるそう。

【全身の保湿に】
特に乾燥が気になるひじ、膝、かかとや口などの保湿に効果的です。爪や手のお手入れにも。

【花粉症対策に】
花粉が気になる季節には綿棒でソンバーユを適量とり、鼻の中に塗ることで花粉の侵入を防ぐ効果が期待できます。

【ヘソのごまに】
おへそに馬油を塗り5〜10分放置した後、馬油のついた綿棒で優しくおへそを綺麗にします。

【ヘアオイルに】
毛先などに少量つけるとまとまりがよくなるでしょう。

元は火傷の治療に使われてきたソンバーユですが、基礎化粧品としても使えるアイテムですね。一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

※当記事はライターの体験や知見を参考にした情報です。個人によりその効果は異なります。もし異常を感じた場合はすぐに使用を中止してください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事