ストレスで〇〇の皮脂分泌量は増加する!働く女子のキレイを保つスキンケアって?

ストレスで〇〇の皮脂分泌量は増加する!働く女子のキレイを保つスキンケアって?

働く女子なら誰もが多少は感じている「ストレス」。なんとなく、肌にも悪影響がありそうだなぁ...と思っているけど実際はどうなの? そこで今回は資生堂のスキンケアブランド「専科」が調査した「ストレス負荷時の肌生理に関する測定試験」の結果をご紹介。ストレスを感じているときのスキンケア方法も合わせてチェックして! 

【リアルボイス】働く女性の8割が日常的にストレスを感じている!

まずは全国の20-59歳の1,041名の女性に実施した意識調査から、女性のストレス状況をチェック!

調査では働く女性81.8%が、「普段、日常生活でストレスを感じる」と回答しました。特に、30代ではその割合が85.7%と高くなっているのがわかります。また、ストレスを感じている働く女性に「あなたが普段感じているストレスについて、解消するための手段を取れていますか?」と訊ねると、53.4%が「取れていない」と回答。半数以上がストレス対策を取れていない実態が明らかに!

そこが知りたかった!ストレスが与える肌への影響って?

そこで、スキンケアブランド「専科」が「ストレス時の肌生理に関する測定試験」を実施した結果がこちら。精神的ストレスを与えたあとに、精神的ストレスを与えない場合の頬部分の皮脂分泌量と比較してみると...なんと1.7倍に増加することに! 

皮脂の過剰な分泌は、肌のくすみにつながるリスクも!

皮脂分泌が多くなってしまうと「ベタつき」「毛穴の開き」「ニキビ」「化粧崩れ」が発生しやすくなり肌トラブルの要因に。また皮脂は分泌されてから数時間経つと酸化して過酸化脂質に変わり、「くすみ」の原因になる可能性も...。
そんなストレス肌は、皮脂をしっかり押さえる化粧直し方法と、皮脂や汚れをしっかり取り除くクレンジングでレスキュー! さっそく正しい方法を確認しましょう。

ベースメイクは崩れレベル別で化粧直しをするのがポイント!

メイクが崩れた上からパパッとファンデーションを塗ってしまうと、粉浮きしたり、厚塗りになってまた崩れやすくなったりと、「崩れスパイラル」に陥りがち。「崩れレベル」に合わせて化粧直しをすることが、キレイの近道です。

[レベル1] 額や鼻のまわりなど、Tゾーンを中心とした軽い崩れの場合
1. あぶらとり紙でテカりを抑えます。強く抑え過ぎると水分までとってしまうので、軽く当てて肌表面の皮脂を吸わせる程度にしましょう。
2. 整えた部分に紙おしろいを当て、軽くパウダーがつくようにします。

[レベル2] 皮脂や汗で大きくヨレたり、崩れてしまった場合
1. あぶらとり紙で余分な皮脂を抑えます。
2. スポンジのきれいな面を使って、崩れた部分のファンデーションのみ取り去ります。ミストを使って水分補給してから拭うと◎。
3. ファンデーションを取り去った部分に、下地をなじませ、上からファンデーションを少量つけ、なじませます。下地はファンデーションを崩れにくくしてくれますよ。

>>面倒な「化粧直し」 は手間をかけないほど良い? 「崩れレベル」別お直しレスキュー法

正しいクレンジングがキレイの近道♪

肌の汚れ原因は、チリ、ホコリ、花粉、メイク汚れなど外部からのものと、皮脂、汗、古くなった角質などの身体の内側からのものがあります。これだけ汚れの危険にさらされている肌だからこそ、きちんと丁寧にクレンジングすることで、肌の透明感もぐっと高まり、その後のスキンケアの浸透を高めてくれますよ。

1.まずはしっかりとメイク落としを。手のひらに適量をとってメイクとよくなじませます。量が少ないと汚れが浮きにくく、摩擦で肌に負担がかかるため、パッケージに書いてある使用量を守りましょう。洗い流すタイプの場合は、水かぬるま湯で十分に洗い流します。
2.手を洗い、汚れを落としてから、水かぬるま湯で顔を素洗いします。
3.手のひらが濡れた状態で洗顔料を適量とり、少量のぬるま湯を数回に分けて加えながら、しっかり泡立てます。逆さにしても落ちないくらい弾力のある泡が◎。
4.泡を肌の上で転がすように、顔全体を優しく丁寧に洗います。皮脂や汚れが気になる箇所は念入りに。泡が汚れを包み込んで落とします。
5.すすぎは約1分を目安に、体温より少し低め、人肌程度のぬるま湯で丁寧に洗い流します。十分に洗い流したら、タオルで軽く押さえるように優しく拭きましょう。

>>まさかシャワーで落としていないよね?やりがちNG洗顔でいつものケアをチェック

働く女性の約8割が、毎日肌がくすみやすい環境に晒されているなんてドキッとしてしまう結果。毎日のモヤモヤはなかなか乗り越えられなくても、正しくケアすることで肌だけでも自信や元気を取り戻して♪  

参照元:精神的ストレスで頬の皮脂分泌量が増加することが判明!

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事