冬は爪の乾燥も見逃さないで!おすすめのオイルケアのやり方

冬は爪の乾燥も見逃さないで!おすすめのオイルケアのやり方

乾燥しやすい冬の季節は、肌やボディのお手入ればかりにどうしても目がいきがちですが、実は爪も皮膚と同じように乾燥していることをご存知でしょうか?冬場におすすめのオイルケアのやり方についてご紹介いたします。

爪の乾燥を予防・改善するオイルケアについて

爪は乾燥すると縦に線が入ったり、全体的に白っぽくなったりします。爪は健康状態を表すバロメーターにもなるため、日頃から形状や色をチェックするのを習慣化するようにしましょう。また、乾燥を予防・改善するにはオイルパックなどのスペシャルケアの実践がおすすめです。

<爪のオイルパックのやり方>
1.鍋にごま油やオリーブオイルなどお気に入りのオイルを入れて温めましょう。
2.オイルが人肌に温まったら両手を10分間鍋に入れます。
3.10分経過したらタオルで爪のオイルを軽く拭き取ってください。

普段から爪のおしゃれを楽しんでいる女性が多いと思いますが、除光液で毎日ネイルを落としていると乾燥をより悪化させる可能性が…。爪に特に大きなトラブルがない場合は、一週間〜10日に1回を目安にオフするようにしましょう。除光液の使用後はオイルやクリームでの保湿ケアもお忘れなく!

合わせて実践したい!爪の乾燥予防に役立つ「爪エクササイズ」のやり方

より美しく丈夫な爪を作るためには、エクササイズにより指先の血行を促進すると良いと言われています。

【爪エクササイズのやり方】
1.両手をテーブルに置き、親指を立てましょう。そのままぐるぐると10〜20回まわし、逆方向も同様にまわします。
2.テーブルに手のひらをつけ、親指から順番に小指まで一本ずつ指を上げていきましょう。この動作を10〜20回繰り返します。
3.次に、ピアノの鍵盤を叩くように指でテーブルを叩きます。親指から小指まで順番に行い、10〜20回繰り返します。
4.両手を壁につけ、腕立て伏せの要領で10〜20回壁に向かって体を倒していきましょう(※この動きはバストアップ効果にも期待できます!)。

いかがでしたか?爪の色が白ではなく黄色もしくは青い場合、爪水虫になっている可能性があります。異常があるようであれば出来るだけ早めの段階に専門医に相談することをおすすめします!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事