顔のテカりをそのままにしておくと肌が酸化してしまう可能性が!

顔のテカりをそのままにしておくと肌が酸化してしまう可能性が!

気温が急に高くなったり、暖房の効いた部屋にいたりするとじんわりと肌のテカりが気になってきますよね。顔のテカりをそのままにしておくと、皮脂が酸化して様々な肌トラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

肌のテカりをずっと放置してるとどうなるの?

肌に分泌された皮脂をそのままにしていると、空気に触れることで皮脂が酸化して、ニキビや炎症、シワなどの原因になってしまうと言われています。酸化した皮脂は皮膚のバリア機能を低下させ、肌トラブルを招くことがあるので放置せずに早めのケアが大切ですよ。

皮脂酸化を防ぐためにしたい美肌スキンケア

皮脂が分泌された状態のまま放置しないよう、外出先の場合は軽く濡らしたタオルやガーゼで皮脂を吸収させましょう。あぶらとり紙を使うと必要な皮脂まで奪って乾燥してしまうことがあるので要注意。

帰宅したら、なるべく早くメイクをクレンジングと洗顔料で落としていきます。クレンジングは、必要な潤いを残しながら洗い上げてくれるミルクタイプのものがおすすめです。特にテカりやすい部分や毛穴が詰まっている部分は、念入りに指の腹を使って汚れを浮かせてあげましょう。クレンジングの後は、たっぷりと泡立てた洗顔料を使って洗顔し、すぐに保湿ケアに取り掛かります。

皮脂分泌が多い方は、とろみのある化粧水よりもさらっとして浸透力に優れた化粧水を少しずつ何度も馴染ませてあげるといいですね。クリームや乳液はつけすぎないよう気をつけて適量を手のひらで馴染ませます。皮脂や皮脂についた汚れをしっかりと取り除き、潤いで満たしてあげることで健やかな状態を保つことができるでしょう。

また、脂っこいものや脂肪分の多い肉類ばかり食べていると皮脂が過剰に分泌されやすくなります。スキンケアだけではなく、肉や魚、卵や大豆などの良質なタンパク質とビタミンたっぷりの野菜や果物をバランス良く食べて、インナーケアにも力を入れてみてくださいね。

スキンケアとインナーケアで肌のテカり対策

皮脂の過剰分泌によりテカりやすい肌を放置せず、スキンケアとインナーケアでしっかりケアしてあげることで次第に皮脂をコントロールできるはず。皮脂をそのまま放置しないことや落として与えるスキンケア、バランスの良い食事でお手入れしてあげてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事