永富千晴発【オンナ目線の化粧品ブランド学】急転直下型のたるみも再建して強くする美容液

永富千晴発【オンナ目線の化粧品ブランド学】急転直下型のたるみも再建して強くする美容液

最新の技術と成分を採用したスキンケアやヘアケア、そしてシーズンごとに流行と気分が反映されたメイクアップコスメ。化粧品業界からは日々、数多くの製品...

最新の技術と成分を採用したスキンケアやヘアケア、そしてシーズンごとに流行と気分が反映されたメイクアップコスメ。化粧品業界からは日々、数多くの製品が発売されています。そのなかからアラサー世代に本当に必要な化粧品、そして信頼のおけるブランドを美容ジャーナリスト永富千晴が紹介します。

脅しではないんだけど、「直下型」でやってくるのは地震だけでなく、肌の老化にも起こっていることが〈アテニア〉の調査でわかったの。そう、言われてみると確かにそうなのよ。だけど私なんかの場合、直下型は2度、いや2.5回ほど経験済み。月日って怖い・・・。だけど〈アテニア〉は、諸先輩方が一番に感じるその「直下型のたるみ」(正式には急転直下型)に着目して、高い再建力でコラーゲンを太く強くしてくれる成分を開発。この成分はそれだけでなく、誕生前のコラーゲンの「質」も変える働きもある、というから、頼もしい限り。
 だけど、そんな素晴らしい成分を開発していたら莫大な費用が化粧品代にかかりそう。でもそこがアテニアのまた偉い所。一流ブランドの品質を3分の1の価格で提供したい、という企業理念を掲げていることもあり、この美容液なんと4,630円で販売しはじめたの。4,630円! この実感で4,630円なんて・・・リフトケア分野の震撼。震えると同時に、ここに長く愛され続けられる理由があったと、再認識した次第です。
 で、そんなブランドの新リフトケア美容液「リフトジェネシス」は、目の下から口角に向けての「Iライン」に新成分が働きかけるという設計に。一番老けを感じるのは確かにIライン。崩れ弱そうな縦のラインに“強い柱になりなさい!”と叱咤激励してくれるって訳。だからといってスパルタ感はなく、違和感なくコツコツ働いてくれ、結果、“前より立体感が出た”“頬の光る輪が違う!”っていう感じ。やるのよ、この方。こーゆう陰の立役者的な美容液なら大歓迎だと思うのだけど、どうかしら?

撮影/国府泰(スタジオカレント) 
文/永富千晴

関連キーワード

関連記事