あたためドリンクで、下半身痩せ! by大森葉子

あたためドリンクで、下半身痩せ! by大森葉子

学生時代にハードな運動をし、体のメンテナンスの重要性をたたきこまれていたせいか、とにもかくにも自分の体の声を聞く能力が人より高めだと思っています。
<左から>やせない原因となる「冷え」に徹底アプローチ。ポリフェノール、生薬、黒コショウ由来成分、生姜という植物成分をギュッと。ダマイ サーマル スリム(3g×30袋)¥7800 カウンセリングすると体質に合わせたチンキやハーブティのカスタマイズもしてくれるNeRoLiで購入。こちらは冷え性対策用のブレンドハーブティ。ドクター フラワー メディカル ブレンド ハーブ ティー ウォームアップブレンド 約1か月分 90g ¥4270
近年の運動不足のせいか、日々の「もっと体を動かせ!」という体からの命令(悲鳴?)を無視し続けるにも限界が。

というわけで、ジョギングを開始しました。体を動かすことの気持ち良さを感じる一方、冬の早朝の冷たい空気に自分を晒すと、自分の体を覆っている脂肪が一層冷たく感じられ……むくみの原因となっている老廃物や皮下脂肪がたくさんたまっている下半身(特にお尻と太腿)には、まるで冷やした氷まくらを装着しているかのごとし。そんな冷たさと重さを感じてしまうのです。

もちろん、根本的には、体を動かし、筋肉を鍛えることで代謝をあげるしかないとは分かりつつ……それだけではじれったいので、2つのドリンクを投入することに。難しいことは考えず、いつでもどこでも服用できる粉末タイプは会社で、ティーポットが必要なハーブティーは家でいただいています。
<奥から>サーマルスリムはいつでもどこでも手軽に飲める粉末タイプのドリンク。紅茶に胡椒や生姜を効かせたような味なので飲みやすい。基本的には、運動や入浴、マッサージなど代謝が上がる前の服用がおすすめとのことです。ハーブティーはエルダーフラワー、カモミール、ジンジャー、ローズ、ギンコウなどがブレンドされていて、ティースプーン1杯でカップ1杯分が目安。ちなみにティーポットからカップに注ぐ際は最後の一滴まで残さずに。最後の一滴は「ベスト・ドリップ」と言われ、ハーブの大切な成分が最も凝縮されているのだそうです。どちらも根本的な体質改善を目指すための自然派なところが自分に合っているな、と思っています。
この2つのドリンクで身体の深部の冷えによる基礎代謝の低下をできるだけ引き上げてしまおうというイメージです。まだ2週間くらいなのですが、身体中の眠っていた細胞がやっと叩き起こされ、動き始めてくれたことを実感しています(あくまで感覚の話です)。特に、冷たさと重みを感じていた下半身の体感が変わってきました。目指すは、より動けて、使える身体!!

さらに「インディバ」を投入!

インディバのマシーンをかけ、副交感神経に働きかけながら、身体の深部を温めていく。ちなみに、熱いという感覚はなく、リラックスしながら受けられます(私はほとんど寝落ちします)。
インディバをかけた後は、気になる箇所をハンドマッサージ。いわゆる“痛ギモ”ですが、1回でレッグラインのもたつきがとれ、すっきり♡
冷えむくみしているような私のような脚には高周波温熱機インディバの効果が出やすいことは過去にも実証済みでしたので、最近のおすすめサロンをライターさんにリサーチし、代官山にあるスパ ダマイでサーマルスリミングコースの施術を受けてきました。我ながら、思い立ったが吉日。代謝アップに向け、たたみかけています(笑)。インディバをかけていくことで、体内温度を一気に3〜5度くらいアップできるそうなので、ジョギングの効果をグイッと引き上げ、持続させてくれる効果がありそう。筋力が戻り、自分の代謝がきちんと上がってくるまで、定期的に通いたい!

忙しさにかまけおざなりにしがちでしたが、2018年は「身体」にお金と時間を投資しようと思います!
大森葉子

美容担当歴(これでも)20余年。ミーハー体質ではないが、効果があるものには素直にテンションが上がる性格。オイリーからインナードライへと急ハンドルを切った自分の肌に動揺中。

関連記事