足裏を見るだけで健康状態がわかる?自分でできるセルフ診断のやり方

足裏を見るだけで健康状態がわかる?自分でできるセルフ診断のやり方

足裏は普段人前にさらす機会がほとんどない分、顔のお手入れよりも後に回してしまいがちですよね。しかし、足裏は私たちの心身の鏡と言われており、色やにおいを確認するだけで現在の体・心の健康状態がわかるそうなんです!

足裏を見るだけでOK!セルフ健康診断のやり方 〜色編〜

内臓や器官などと相対する「反射区」は、顔や耳などあらゆるエリアにあり、特に足に関しては全身にわたる各部位の反射区が網羅されていると言われています。まずは、足の裏の色によるセルフ健康診断のやり方についてご紹介します。

<足の裏の色>
【白】貧血気味の方や血液・リンパの流れが悪い方に多い色と言われています。血液を作り出す力がない状態なので、鉄・銅といったミネラル分を食事から積極的に摂取するようにしましょう。

【黄色】疲労が溜まっていたり、肝機能が乱れている可能性があるそうです。疲労物質の分解を促すクエン酸・ビタミンB2を摂取し、きちんと休養をとるようにしてください。

【ピンク】ピンク色の足裏は最も健康状態が良い証拠ですが、グラデーションになっていると胃腸が過活動になっている傾向にあるそうです。おかゆやホットスムージーなど胃に優しいものを摂取することをおすすめします。

【赤】エネルギーやイライラが過剰に溜まっていると考えられているようです。下痢・腹痛などお腹に出やすいため、炭水化物の摂りすぎに注意しながら消化に良いものを選ぶようにしましょう。

【紫】血液やリンパが停滞し、体の疲労だけでなく気持ち的にも鬱の一歩手前になっている可能性があるそうです。マッサージや足湯でリフレッシュしながら、ビタミンC・ポリフェノールといった抗酸化成分を摂取するようにしましょう。

足裏を見るだけでOK!セルフ健康診断のやり方 〜におい編〜

足裏のにおいと聞くと臭いから嫌だ!と感じてしまうものですが、色と同じく体からのメッセージが込められていると言われています。

【すっぱいにおい】お酢のようにすっぱいにおいの場合、強い緊張状態により自律神経が乱れている可能性があるそうです。

【チーズ・納豆のようなにおい】チーズ・納豆といった発酵食品のようなにおいがする方は、足のお手入れ不足と言われています。不衛生な状態が続くと水虫や爪水虫になる可能性もありますので十分に注意しましょう。

【油が酸化したようなにおい】肝臓・消化器系にトラブルがある可能性があるそうです。お酒の量を控えたり、果物・野菜などデトックス作用のある食材を積極的に食べるようにしましょう。

【雑巾のようなにおい】雑巾が腐ったようなにおいがする場合、腸内環境が乱れている証拠と言われています。ビフィズス菌を含むヨーグルトなどを取り入れると同時に普段の食生活について改めて見直すようにしましょう。

いかがでしたか?体調管理のためにも是非、定期的に足裏チェックを行うことをおすすめします!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事