意外と知らない?ホームピーリングのやり方・注意点について

意外と知らない?ホームピーリングのやり方・注意点について

肌のターンオーバーを促し、若返り効果に期待できるピーリング。しかし、やり方をあやまってしまうと思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。正しいピーリング方法について学び、肌の再生化を促していきましょう!

ホームピーリングの正しいやり方

肌老化は年齢とともに遅くなる「ターンオーバー」と深い関係があるそうです。ターンオーバーが遅くなると表皮が全体的に薄くなり、シワやくすみの原因になる可能性も…!こうした現象を防ぐためには、ピーリングケアにより肌表面の古い角質を取り除いてあげることが有効的と言われています。

【ホームピーリングの正しいやり方】
1.手に適量のピーリング剤をとり、乾いた肌にTゾーン→Uゾーンの順番でのせていきます。
2.指の腹を使ってくるくるとマッサージするように馴染ませていきましょう。肌が弱い目元部分は中指と薬指の指先をつけて「キツネ指」で小さな円を描くように馴染ませると良いそう。
3.ぬるま湯で良く洗い流し、肌をこすらないようにタオルでポンポンと押さえるように水気をふきます。
4.肌を元気に活性化させるために、セラミドなどの保湿成分を含む美容液をたっぷりつけるようにしましょう。

ピーリング効果の強さは、製品によって異なります。基本的には、かすかに「ピリピリッ」と感じるくらいのものが良いそう。また、敏感肌の方がピーリングを実践する場合、ピーリング化粧品を水で少し薄めたり、肌を水で濡らしたりしてからピーリングを行うと肌への負担を抑えることに繋がると言われています。

ホームピーリングの注意点について

最後にホームピーリングの注意点についてチェックしていきたいと思います。

<ホームピーリングの注意点>
【赤みが出たら止める】基本的に市販のものは皮膚科で取り扱われているピーリング剤よりも濃度は低いため、危険性はさほどありませんが、万が一赤みが出た場合は使用を控え、もう少し刺激が弱いものから試すようにしましょう。

【肌の状態が悪い時は控える】風邪気味や生理前など肌状態が悪くなっている時にピーリングを行うと、トラブルを引き起こしやすくなるため控えるようにしてください。

【時間をかけすぎるのはNG】時間のかけすぎや、強くこすってしまうと肌へ大きな刺激を与えると言われています。

ホームピーリングのやり方・注意点についてピックアップさせていただきました。まずは1〜2週間に一度を目安に実践し、ふっくらと弾力のある美肌を目指していきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事