乾燥対策のコットンパックは逆効果だった!? 具体的な理由について

乾燥対策のコットンパックは逆効果だった!? 具体的な理由について

肌の乾燥が気になる時に有効と言われている保湿パック。実は人気の高いシートタイプのパックやコットンパックは、かえって肌トラブルの原因になることがあるのをご存知でしょうか?具体的な理由についてチェックしていきましょう!

コットンパックが乾燥肌の原因に!?

デートや友だちの結婚式など大切なイベント前には欠かせないコットンやシートパックによるケア。肌に良いイメージが強いものの、なぜかえって乾燥肌を引き起こす原因になりやすいのでしょうか?

乾燥した肌には、セラミド・ヒアルロン酸といった保湿成分を補うことが大切ですが、乾燥が進んだ肌の場合、角質層が厚くなっているため、化粧水や美容液などの有効成分が肌の奥に浸透しづらくなっています。そんな時、スペシャルケアとしてパックをすることで、肌の乾燥を予防・改善することに繋がると言われています。

しかし、薬局やドラッグストアでもよく見かけるシートタイプのパックやコットンパックは密閉性が低く、パックに含まれている水分と同時に、もともと肌にあった水分までどんどん蒸発し、角質層の奥まで潤いを届けることができないものがあると言われています。

〜パックの正しい選び方〜
それではどのようなタイプのパックが良いかというと、石膏状にかたまるクリームタイプのパックが理想的と言われています。カチカチにかたまることで肌の表面から水分が蒸発するのを防ぎ、肌へ効率よく潤いを与えやすいそうです。

〜番外編〜 しっとり系の洗顔料は乾燥肌対策に良い?悪い?

パックと同じく勘違いしている方が多いのが洗顔料の選び方。しっとり系の洗顔でなければ肌が乾燥してしまう!と思ってはいませんか?

洗顔後の肌がつっぱらないようにできている「しっとり系」の洗顔料ですが、実は肌本来の潤いが守られているわけではないそうです。油分が多く配合されているため洗い上がりはしっとり感じるものの、肌表面に油膜が張られてしまうと、化粧水や美容液の浸透が悪くなり乾燥する原因になると言われています。

おすすめの洗顔料は、洗浄力のバランスが良く、肌にとって余分なものを残さない固形タイプの石鹸です。敏感肌の場合は刺激性の少ない無添加石鹸を選ぶようにすると尚良いでしょう。

洗顔にパック、クレンジングと毎日当たり前のように実践しているものですが、誤ったケアは肌老化を早める原因になると言われています。10年後の肌のためにも普段のスキンケアのやり方について、一度見直すことをおすすめします!

関連記事