不眠解消に〇〇〇の枕。意外な枕が新年の眠りの質を向上させる

不眠解消に〇〇〇の枕。意外な枕が新年の眠りの質を向上させる

2018年1月。新しい年がスタートしましたね。年末年始って、地方出身者を心底羨ましく感じます。久しぶりの家族、友人に囲まれて、年に一度の大宴会。...

2018年1月。新しい年がスタートしましたね。

年末年始って、地方出身者を心底羨ましく感じます。
久しぶりの家族、友人に囲まれて、年に一度の大宴会。 地元最高!と叫び合い、年始に東京に戻ってくるとうっかり方言が抜けてなかったり。 

かたや、東京生まれ東京育ちの私、東京アイツ。
年末年始だからと言って、特別帰る場所も懐かしい同窓会もありません。 

ただひとつだけ、東京の年末年始にも好きな風景があります。 元旦の東京の夜は、ネオンと人が減るせいか、静かに澄んだ夜空が特別きれいなんです。 

2018年初回の記事は、そんな東京の夜にまつわるお話を。

まさが私が。不眠症向き合うことになった2017年

Licensed by Getty Images

きっかけは転職でした。

いわゆる老舗の大企業からスタートアップに移った私。

終身雇用! 将来安泰! そう思って入った会社を4年で退職するとは、私の人生設計の中で予期せぬ出来事でした。

大企業を抜け出すと、お金の管理、キャリアプラン、自己投資、今まで会社がサポートしてくれていたいろんなことを、自分で考えなくてはいけません。その過程の中で、自分の人生の選択肢が無限に広がったように感じました。

そうなると、自分が何者になりたいのか、どう生きていきたいのか、自分自身と向き合う機会が嫌でも多くなります。

自分自身との対話は日に日に強くなって、
毎晩目を閉じると、いつも頭の中でふたりの自分がおしゃべりを始めます。

「これでいいの?」
「本気で頑張ってる?」
「このあと人生どうするの?」・・・

自分が自分を攻めたて、焦らせ、結果、眠れない日が続くようになりました。

意外といる。不眠症の仲間たちが夜な夜なしていること・・・

Licensed by Getty Images

最初のうちは、できることをすべて試しました。
温かいものを飲んでみる、ひとりでワインを1本あけてみる、思い切って実家に帰ってみる。

でもどれも効かなくて、焦るほど夜が怖くなります。「眠れない私」を自覚した途端、人ってもっと眠れなくなるんですね。

眠っているのかいないのか、わからないまま時間をやり過ごすと朝がやってきたり、ひどいときは、朝日が昇るのをベッドから確認してようやく眠くなる、という日々。

最初は身近な人だけに相談していましたが、眠れないことが途中から笑えてきてしまって、酔った勢いでいろんな人に相談してみることにしました。
そしたら、意外といるいる! 不眠症の人! そして経験者!

程度に違いこそあれ、周りにいる友人たち、特に年齢が上の友人たちはとても共感してくれました。

と、同時に、いろんなアドバイスをもらいました。

東大出身の天才から、
「眠る前に万歳を10回するといいよ」と唐突にLINEをもらったときは思わず笑ったし、

帰国子女の同僚から、世界中の人が使っているおすすめの瞑想アプリを真顔で紹介されたときは、なんだか心強く感じたりしました。

不眠症かなあ私、と気が付いてから半年。
今はというと、少しずつ、眠れる夜が増えています。

それは多分、残念ながら万歳でもアプリのおかげでもなくて笑、
あるものに出合ってしまったからなんです!

IKEAの枕、あなどるなかれ!

Licensed by Getty Images

家族で出かけたIKEAで、それに出合ってしまいました。
IKEAってリーズナブルなイメージが強いので、枕も安いのかなあと思いきや。

かため・やわらかめ、ダウン&フェザー・形状記憶・ポリエステル、とにかく種類が豊富で、価格もさまざまなんです。

私が選んだのは、ダウン&フェザーのかため枕、お値段¥4,999。
IKEAにしては、そして枕にまったくこだわりのなかった私としては、ちょっと高いなという印象でした。

その夜から使い始めてみると、翌朝、熟睡から目覚めた私がいました。
これはびっくり! 徐々に眠れる日が増えてきているとはいえ、その日の熟睡は紛れもなく枕の力。

IKEAの枕は、シングルベッドにはちょっと大きめの形になっていて、寝返りが打ちやすく、枕の下に手を入れて眠りたい私としては、適度な硬さで支えてくれている感じが気持ちいいんです。

あとから調べてみると、羽根枕の寿命はどうやら2~3年みたい。
これまでずっと同じ枕で眠っていた私は、衛生的にも形状的にも、あまりいい形で眠れていなかったんだなあとひとつ学びました。

眠れない人から眠れない人へのアドバイス

Licensed by Getty Images

もしこれを読んでくれている方の中で、同じく不眠に悩んでいる方がいたら、枕を変えることをおすすめします。

私の場合はIKEAだったけど、無印でもニトリでも、いい枕が最近いろいろ出ているみたいです。そして不眠に悩む友人や同僚が周りにいる人も、なんでもない日に枕を贈ると粋です。

ということで、今日の「最近どう?」は、
「IKEAで枕買ったことある? おすすめだよ」に決定。

え? IKEAで枕? ちょっと意外な角度から、話題が膨らむかもしれません。

そして最後に。不眠症とこの半年向き合ってきた私が、効果を感じた対策をお伝えします。あくまで私の場合ですので、ひとつの実例ということで・・・。

その1:枕を変えること。
その2:一度見たことのある映画を流しながらベッドに入ること。
その3:平日でも夜2時まで遊んで、ばたんとベッドに倒れこむこと。

たかが枕、されど枕。
新年に眠りの質を向上させるべく、枕を変えてみるのはいかがでしょうか。

はあ、毎日爆睡していたあの頃の自分に戻りたい・・・東京アイツでした。

文/東京アイツ

関連キーワード

関連記事