あなたは大丈夫!? アラサー女子の80%が気にする“冬のにおい問題”とは

あなたは大丈夫!? アラサー女子の80%が気にする“冬のにおい問題”とは

GINGER読者サポーター9000人へのアンケート調査により、普段は面と向かって話せないあんなことやこんなことを明らかにしていくGINGER本誌...

GINGER読者サポーター9000人へのアンケート調査により、普段は面と向かって話せないあんなことやこんなことを明らかにしていくGINGER本誌の連載「セキララボイス」。今月は、夏場だけでなく意外と冬にも気になる“におい”について、調査しました。

Q. 正直・・・自分の足がにおうと思ったことはある?

今回フォーカスするのはずばり“足のにおい”。冬といえばそう、ブーツ。ブーツといえばにおいケアが大問題! 
「自分の足がにおうと思ったことはある?」という質問にたいして、なんと80%近くの読者サポーターが「ある」「ときどきある」と回答しました。

「会社から帰宅して靴を脱いだ瞬間にぷ〜んとにおうことがよくあります。周りに気付かれていないか心配です・・・!」(33歳・メーカー)

「営業で一日中歩き回った日に、におうことがあります。脇の下用のデオドラントスプレーで応急処置することも」(31歳・サービス)

「今の時季が一番要注意! ブーツを履いた日は足も靴もくさくて。人には聞きづらいけど、対策方法を知りたい!」(29歳・金融)

「足の爪を切ろうと思ったときに、自分のにおいに気付いて驚き! 今までは気にしていませんでした。どうしよう」(28歳・製造)

「ややにおうかも!?」というときの対策は?

Licensed by Getty Images

においが少しでも気になったら、早めにケアをするのが吉。まずは日頃からみんながどのように対策しているのか、聞いてみました。

「週に1回はお風呂で足専用のスクラブを使って、角質をオフするようにしています。足がツルツルだとにおいも軽減」(30歳・商社)

「大事なのは靴のケア。足がにおったら、脱いだ靴に乾燥剤や備長炭などを入れています。連続して同じ靴を履かないのもルール」(27歳・サービス)

「退社後に予定があるときは、予備のストッキングにはき替えます。これでかなりセーブできます」(30歳・ウェブ関係)

「超基本ですが、足の指と指の間まで丁寧に洗うことを心掛けています。におうときはまずお風呂に直行します」(30歳・通信)

「かなりにおう!」というときの対処法

Licensed by Getty Images

日頃からケアをしても、どうしてもにおいがキツくなりがちな人はどうしたらいいのか・・・効果絶大な対処法もあるようです。

「いろんな制汗・消臭剤を試しましたが、素足に塗るクリームタイプが最高に効
いてくれました。しっかりすりこんでいます」(33歳・金融)

「タモリ式の入浴法って知っていますか? 石けんを使って洗わずに、しっかりとお湯で洗って、湯船にちゃんとつかること。これを実践していたらにおいが消えました」(26歳・金融)

「友人から5本指靴下をはいたら足のにおいが解消したと聞いたので実践! 確かに今までで一番の効果がありました」(32歳・アパレル)

「蒸れて雑菌が繁殖することでにおうのだと思うので、靴の湿気を徹底除去。週に1回は必ず天日干しをしてよく乾かすようにしています」(27歳・医療関係)

多くの人が一度はにおいに悩み、さまざまな方法で対処していることがわかりました。参考になりましたか? 通気性の悪い靴を履くことが多いこの時季、普段はにおいが気にならないという人も、念のためチェックしてみることをおすすめします。


関連キーワード

関連記事