もしかして間違っているかも…!? 美肌に近づく正しいクレンジング

もしかして間違っているかも…!? 美肌に近づく正しいクレンジング

メイクを落とすために毎日欠かせないクレンジングですが、適当にサッと終わらせていませんか?クレンジングで落とすケアをしっかりすることが美肌への近道です。クレンジングでの正しい落とし方を確認していきましょう。

美肌への第一歩はクレンジングの正しい使い方から!

クレンジングを何気なく適当に行っているという方は、肌に負担がかかっていたり、しっかりメイク汚れが落ちきれていなかったりする可能性があるため注意が必要です。

クレンジングアイテムは、自分の肌に合ったものや潤いを残しながらメイクを落としてくれるものなどを選ぶことをおすすめしますが、まずはクレンジングの規定量を守ることが大切です。もったいないからといって規定量よりも少ないクレンジングを手に取り無理矢理肌に伸ばしていると、肌に摩擦が起こり、肌荒れや色素沈着などを引き起こすと言われています。しっかり規定量を守り、摩擦をかけずにくるくる馴染ませてメイクを浮かしていきましょう。

クレンジングは洗う順番も大切!

クレンジングを使ってメイクを落とすとき、どこから落としていけばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか?ウォータープルーフマスカラやリキッドアイライナー、ラメ入りアイシャドウなどを使ったアイメイクは、顔全体に使うクレンジングで簡単に落とすことができないので、あらかじめポイントリムーバーで落としておきましょう。

特にメイク汚れが溜まりやすいのが小鼻の脇などの細かい部分。ここは念入りにマッサージするように落としていき、頬などの乾燥しやすい部分は丁寧に優しくメイクをオフしてあげてくださいね。メイクをした状態でホットタオルを顔に当てて2~3分放置したあと、クレンジングを手のひらに規定量取り、両手で擦り合わせて温めてから肌に伸ばすと馴染みやすくなり、毛穴の汚れが取りやすくなりますよ。

クレンジングが完了したとわかる合図は、乳化をしたときだと言われています。クレンジングのテクスチャーが変化したら汚れが浮いてきたサインなので、見逃さないようにしましょう。

濡れた手でクレンジングをすると、乳化のサインを見逃してしまったり、メイクが浮いた判断がつきにくいので、なるべく乾いた手でクレンジングをすることをおすすめします。

クレンジングで美肌の土台作りを

普段意識せずクレンジングをしていたという方も、一度クレンジングの方法を見直してみることでより美肌に近づけるはずです。自分に合ったクレンジングを使いつつ、正しい落とし方をしてゴワつきのないなめらかな素肌を手に入れてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事