赤ちゃん級のつるつるヒップ♡今から育てて春には準備万端

赤ちゃん級のつるつるヒップ♡今から育てて春には準備万端

ヒップのザラつきが気になる人はいませんか?自分でまじまじと見ることは少ないですが、ココがキレイじゃないと、可愛い下着が似合わなかったり、自信を持って水着になれなかったり。ケアするなら厚着の季節=今!簡単ケアでベビーのようなつるつるヒップを作る方法って?

服で隠れてても乾燥してます!
しっかり落とし、しっかり保湿を

体の中でもケアが手薄になりがちなヒップ。その上、下着の締めつけや座りっぱなしの生活など、意外と刺激にさらされているパーツでもあります。服を着ていて外気に触れていなくてもボディのカサつきに悩んでいる女子は多いもの。肌の乾燥によって角質が肥大し、毛穴の周りが硬くなり、ざらつきが増してくるのはヒップについても例外ではありません。保湿することでターンオーバーが正常になり、潤って滑らかな手触りに近づきます。ヒップの感触に自信がないという人は、まずはしっかりと不要な角質を取り除くすケアを。もちろん、ゴシゴシ洗うのはNG。マイルドな感触のこんにゃくスクラブやシュガースクラブがオススメです。そして忘れてはいけないのがきちんと潤すこと。「しっかり保湿」を徹底しましょう。化粧水をコットンで伸ばしてからボディクリームや保湿力の高いボディバターでフタをして。つるっとした感触と透明感が戻ってくるはず。

意外に負担のかかるパーツです!
余計な圧と摩擦を軽減する

ヒップのプツプツ、ザラつきができやすい人は、知らず知らずにヒップ周辺の肌に負担をかけている人が多いようです。座っている時間が長く、ずっとヒップに圧がかかっていたり、タイトな服や下着ばかり身につけることによる摩擦や血行の悪さが肌トラブルのもとに。デスクワークなどで一定時間座っていることを避けられない人も、せめて下着はコットン素材で、きつすぎないサイズのものを選んでみるなど、負荷を減らす工夫をしてみましょう。一時間に一回、席から立って歩くのを心掛けるだけでも違いますよ。

美肌になるうえキュッとするかも?
血行を良くする

適度な運動は痩せるだけでなく全身の美肌効果も。二の腕にもヒップと同じようなざらざらができる人がいますが、スポーツクラブで大量の汗をかく生活をしていたらいつの間にかそれが消えていたと言う人も多いんです。運動することでお通じが良くなり、体の中の老廃物が排出されることも皮膚にはいいですよね。特に、自分でヒップを触ってみて冷たく感じる人は血行不良の可能性が大。運動して血行を良くするのはもちろん、ヒップをつかむようにほぐしたり、グーにした手で太ももから腰までこすり上げるのも巡りをよくすることにつながります。老廃物オフ&巡りケアで透明感のあるヒップに。


ヒップは常に見られているわけではないけど、キレイだと自信がつくパーツですよね。肌をきれいに保ち、巡りをよくすることで意識が高まり、形にまでよい影響を与えることも。磨きがいのあるこのパーツ、厚着の季節のうちに集中ケアしてみては?

関連キーワード

関連記事