デブ体質へ一直線!朝食抜きダイエットはいますぐやめよう!

デブ体質へ一直線!朝食抜きダイエットはいますぐやめよう!

正月太りもいつまでも放っておけない!と意気込んでダイエットを始める人もいることでしょう。なかでも比較的手軽に始められる朝食抜きダイエットに手をつける人は多いでしょう。でも実はこれ、デブ体質への最短ルートと言われているんです!

朝食抜きダイエットの効果は?

ダイエット方法は運動や食事制限さまざまですが、数あるダイエット法のなかでも、手軽に始められる「朝食抜きダイエット」は人気です。

ですが、この手軽に始められるダイエット法には、落とし穴があるのをご存知でしたか?

そもそも朝食抜きダイエットが効果的と言われるのは、朝食を抜くことで、摂るはずだったカロリーを抑え、1日のトータル摂取カロリーをカットするという考え方です。

朝食を抜くということは、昨日に遡って夕食から今日の昼まで何も食べないということです。これが何を意味するかわかりますか?空腹を我慢しなければならない時間が長く続くと、体内は餓死状態と錯覚して食べ物の吸収率を高めるのです。

少量のカロリーでも生命維持できるよう、代謝を下げてしまうので、痩せるどころか、かえって太りやすい身体を作ることに繋がってしまいます。

朝食を食べれば痩せる?まちがったダイエットにストップ!

ダイエットで重要な要素の一つは、脂肪を燃焼しやすい身体にすることです。運動をしたり、身体を温めたり。

ですがもっと簡単に代謝を上げることができます。それは「朝食」です。なぜなら朝食を食べるだけで体温は上昇すると考えられているから。

そんな簡単に代謝を上げられる朝食を抜くというのは、燃費の悪い身体を作っていることにつながります。確かに痩せられることもありますが、一時的で、それも不健康な痩せ方です。

朝食抜きダイエット実践中は、栄養不足でほかの美容面でもいいことはありません。ビタミンやミネラル、たんぱく質が不足しがちで、肌や髪への影響も出てきます。

また、朝食を抜いた低血糖状態の脳は十分に働きません。集中力も失って思考もネガティブになりがちです。思うように痩せなかった場合は余計でしょう。

朝食抜きダイエットは単なる「おあずけ」で、太りやすい体を作るだけでなく、ストレスを与える原因にもなります。健康的に痩せるためには、しっかり朝食を摂りましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事