ブスな猫背は良いことなし!今度こそ治して背筋美人になりたい!

ブスな猫背は良いことなし!今度こそ治して背筋美人になりたい!

自分では猫背だと思っていないのに人から指摘されるとショックですよね。私もそうでした。ずっと肩こり、背痛、腰痛があるので猫背なのだと思います。自分を奮い立たせて猫背を治すべくストレッチを始めようと思います。

猫背はブスな印象を与える?

姿勢が良く、座っている時も立っている時も背筋が伸びている人はそれだけで美しいですよね。「人の印象は出会って3〜5秒で決まる」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。これはアメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが1971年に提唱したメラビアンの法則というものなのですが、それによると第一印象は「見た目・表情・しぐさ・視線等」の視覚情報が55%も占めるのだとか。やはり猫背はネガティブな印象を与えるということですね。そして猫背は肩こり・背痛・腰痛の原因になったり、ひどくなると手足の痺れまで出てくるのだとか。

良い姿勢を保つためには背筋、腹筋がバランスよくついている必要があります。意識的に背筋をピンと伸ばしていてもいつのまにか猫背に戻っている方は背筋、腹筋のどちらかだけの筋肉がついている、もしくはどちらの筋肉も弱いのかもしれません。

一度でも猫背を指摘されたことがある方はもう一度自分の姿勢を見直して、ストレッチなどで筋肉をバランスよくつけた方が良いのかもしれません。

猫背の人にオススメしたいストレッチ4選

【四つんばい背筋運動】
1.四つんばいになる
2.背中を反らし、お尻を後ろ上方に突き出す

背筋が伸びているのを感じると思います。
【背中ストレッチ】
1.うつ伏せになる
2.肘を起点にして腕で上半身を起こす

この2つが背筋のストレッチです。
【足上げ腹筋運動】
1.仰向けになる
2.両足を揃えたまま10cmほどあげて3秒キープしゆっくり下ろす

余裕のある方は画像のようにお腹を見る動きを入れるとより良いそうです。
【腰上げ腹筋運動】
1.仰向けになって膝を立てる
2.腰を持ち上げる

垂直というよりも、やや前上方に持ち上げるイメージです。

どのストレッチも1回3秒を10回程度行うと良いそうです。簡単なストレッチなのでテレビを見ながらなど行えそうですね。背筋、腹筋をバランスよくつけて背筋美人を目指しましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事