【乾燥・シミ】肌の不調別、おくすりスープのおすすめレシピ

【乾燥・シミ】肌の不調別、おくすりスープのおすすめレシピ

肌の不調をいち早く改善すべく、高い化粧品を購入するなどしてスキンケア内容を重視する方が多いようですが、同時に内側からのケアを実践することも大切なポイントと言われています。そんな時に活用して欲しいのが「おくすりスープ」のレシピ内容です。

おくすりスープのレシピ 〜乾燥肌編〜

どうにかしたいカサカサの乾燥肌…。インナービューティー術として、かぼちゃスープを取り入れてみてはいかがでしょうか?
かぼちゃには血流を促し、肌代謝を高める抗酸化成分「ビタミンE」をはじめ、皮膚の粘膜を丈夫にする「ビタミンA」などの美容成分が豊富に含まれています。

<かぼちゃと豆乳の味噌クリームスープ>
【材料】
・かぼちゃ 100g
・玉ねぎ 1/4個
・豆乳 50cc
・カツオ出汁 150cc
・塩胡椒 適量
・味噌 大さじ1/3

【作り方】
1.かぼちゃ・玉ねぎは薄切りにカットしておきます。
2.鍋に1とカツオ出汁を加え、蓋をして中火で5〜6分間加熱します。
3.かぼちゃに火が通ったら豆乳・味噌を加えます。
4.火を止め、3の粗熱がとれたらフードプロセッサーにかけます。
5.4を再び鍋で加熱し、塩胡椒で味を整えて完成です。

<POINT>
満足感を高めたいときは、きのこと玄米を加えてリゾット風に仕上げるのもおすすめです。

おくすりスープのレシピ 〜シミ解消編〜

シミに悩まされている女性には、赤パプリカを使ったスープ料理がおすすめです。赤パプリカには、メラニンの生成を防ぐ「ビタミンC」をはじめ、アンチエイジング効果に期待できる抗酸化成分「カプサンチン」が含まれています。
今回は、紫外線への抵抗力をUPするアーモンドを隠し味として加えたレシピを紹介します!

<赤パプリカのポタージュ>
【材料】
・赤パプリカ 中サイズ1個
・たまねぎ 1/2個
・生クリーム 100cc
・にんにく 1かけ
・アーモンドパウダー 50g
・コンソメ顆粒 大さじ2
・塩胡椒 適量
・オリーブオイル 大さじ1

【作り方】
1.赤ピーマン・たまねぎ・にんにくをみじん切りにします。
2.フライパンに油をひき、1を炒めて軽く塩胡椒で下味をつけます。
3.2の粗熱をとり、生クリームを加えてフードプロセッサーにかけます。
4.3を鍋に移し加熱していきます。軽く沸騰したらコンソメ・アーモンドパウダーを加え、仕上げに塩胡椒で味を整えて完成です。

いかがでしたか?最近なんとなく肌の調子が悪い…と感じている方は、美活法の一つとして是非取り入れてみてくださいね!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事