冬美人のヘア&チーク 木部明美の「おとなメイク」実験室

冬美人のヘア&チーク 木部明美の「おとなメイク」実験室

しばらく前に積もった雪が溶けきれずに残っている道を、コートの襟をぴったりと閉じなおし、マフラーに顔をうずめて歩く今日この頃。正直おしゃれは二の次...

しばらく前に積もった雪が溶けきれずに残っている道を、コートの襟をぴったりと閉じなおし、マフラーに顔をうずめて歩く今日この頃。正直おしゃれは二の次、という人も少なくないでしょう。でもせっかくならそのモコモコした防寒コート、もっとおしゃれに着こなしてみませんか? 今回の「キベラボ」では、ヘア&メイクアップアーティストの木部明美さんに、ハット&ボリューミーなコートで完全防備していてもおしゃれに見える、ヘアアレンジとメイクを教えていただきました。

撮影/勝吉祐介(PEACE MONKEY)
読者モデル/川谷恵理
取材・文/GINGERweb編集部  

おしゃれ感で選ぶなら赤系カラー

今回使用するポイントメイクは、青みの少ない赤~オレンジ系で統一。
「いつものピンクばかりではなく、たまにはこういう色も使うと気分が変わりますよね。存在感はありながらも派手すぎない、洗練されたオレンジやレンガ色なら、大人っぽくおしゃれにまとまります」

チーク(マルチペイントカラーズ 06/RMK)
リップ(モイスチャー リッチ リップスティック 10/スック)

ハットをかぶるときは、横顔が重要!

今回はハットを被るので、チークが重要に。クリーミーなタイプを立体スポンジで乗せて、内側から発色しているようにツヤっぽく仕上げます。

「チークの位置が下がると老けて見えるので、ほお骨の一番高いところを中心に。逆三角形に入れていきます。一番高いところには重ね塗りすると、立体感が出ますよ」

リップクリームを塗った唇に、ブラシで口紅をオン。
「少々ムラがあるくらいのラフな塗り方でOK。きっちり塗るよりも抜け感がでます」

首元すっきり&ハットにも合う、ゆるお団子

ヘアは低めのお団子にトライ。首周りをすっきり見せて、もこもこの襟やマフラーとバランスをとって。
「まずは軽く巻いた髪を、ふわっと空気をふくませるように手ぐしで持ち上げましょう」

「ふんわりさせたトップの部分をつぶさないように、下からかき上げて、お団子の位置を決めます」

「お団子を作ったら、毛先を持って、」

「ゴムに挟み込んで隠します」

「最後にお団子をほぐせば、低めバージョン“きべだんご”のでき上がり」

「前髪は細めのアイロンで軽くカールさせて、ハットからのぞく毛先に動きをつけて」

完成!

ハットとムートンコートでしっかり暖かいのに、こなれたおしゃれ感が漂うスタイルに。いつもロングヘアを下ろしたままという人は、首まわりがボリューミーになるこの時季にこそ、ヘアアレンジにトライしてみてくださいね。


関連キーワード

関連記事