紫外線をシャットダウン!メイクの上から日焼け止めを塗る方法

紫外線をシャットダウン!メイクの上から日焼け止めを塗る方法

日焼け止めを顔に塗り忘れてしまい、日中いきなり晴れてきたという経験はありませんか?紫外線は天気に関係なく一年中降り注ぐため油断は禁物ですが、うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまったときにメイクの上から塗る方法をご紹介していきます。

メイクの上から日焼け止めを塗ることってできるの?

肌寒いと紫外線対策よりも保湿ケアを念入りに行いがちで、日焼け止めを塗るのを忘れている方も多いはず。紫外線は季節を問わず降り注いでおり、油断しているとシミやくすみなどの原因になってしまいます。

ベースメイクを完璧に終わらせたのに、日焼け止めを塗り忘れた!という場合、メイクを落として日焼け止めを塗り直すわけにはいきませんよね。そこでファンデーションの上からでも可能な日焼け止めの塗り方を見ていきましょう。

メイクの上から日焼け止めをつけたパフを滑らせると簡単!

ファンデーションの上から日焼け止めを手で塗ると、べたつきやムラ、付けすぎなどが気になるところ。ですが、皮脂や汗をティッシュオフしてから日焼け止めをパフに乗せて擦り合わせ、顔の中心から外側に伸ばしていくと簡単に付けることができますよ。パフを使うことで、ムラなく均等に塗れるだけでなくヨレてしまったファンデーションを直すことも可能です。日焼け止めをパフで伸ばしたあとは、手のひらでしっかり馴染ませてフェイスパウダーを軽くはたけば完了です。

この方法は、紫外線の量がぐんと増える春から夏の日焼け対策としてもおすすめです。美白肌になるには、こまめな日焼け止めの塗り直しが必要ですが、ファンデーションの上から塗り直すのは面倒…という方も、ティッシュオフしてから日焼け止めをつけたパフを顔全体に伸ばし、上からフェイスパウダーをつけるだけなので簡単に紫外線対策ができるはず!

屋外にいる時間が長い日や、スポーツやレジャーなどで汗をかく日はなるべく2~3時間おきに日焼け止めを塗り直すことをおすすめします。また、肌への負担を軽減させるためにも帰宅したら早めにクレンジングをして保湿ケアを念入りに行ってくださいね。

日焼け止めを使ってこまめな紫外線対策を

紫外線カット力のあるパウダーファンデーションやリキッドファンデーション、BBクリームやCCクリームなどを塗っていても、汗や皮脂により所々落ちてしまう可能性があります。そんなときもポーチに日焼け止めとパフを入れておけばすぐにお直しすることができますよ。紫外線をシャットダウンして透き通るような美白肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事